休鍵します!

 出勤途上、立ち眩みではないが、意識が30cmほど離脱して15°ばかり傾いたような感覚に襲われました。
 で。ふと。あれやこれやが走馬燈。
 文章が荒れてきてると、ずっと感じてた。
 省略できる描写まで(KENPC稼ぎでなく)書いている。
 そのくせ、ヒロインやサドの容姿など書いていないし。
 中立的三人称、ていうかどうか知らんが、ヒロインべったりでない書き方のとき、視点とか内面描写がふらつくし。
 いや、ほんま。鬼の編集者がいなくて好き勝手に書けるというのは、恐ろしいものです。
 といった、アレコレはさておき。
 スポーンと、気力が失せたのです。
 まあね。電子出版に転針するまでは、2年くらいなにも書かなかったこともありますし。だからこその、SM小説書いて30年で在庫30本、年間1本平均だったんです。
 この2年ほどが書き過ぎだったのかもしれません。フルタイムサラリーマンで、毎月1作(長いのは前後編で2作勘定)なんて、今年なんて2/3が過ぎた時点で2400枚以上だなんて……栗本薫がスーパーのレジ打ちしながらだったら、どんだけ書けたかしら。

 つまり。とにかく。しばらく、WORDへのキーボード入力を、お休みします。
 といっても。正月休みは『書き入れどき』ですから、開戦記念日だか上皇様生誕日だかクリスマスくらいには復活するつもりですが。
 書きかけの『寒中坐禅(転がし)修業』は、昔なら原稿用紙クシャクシャポイです。
 まあ、読者の皆様(とは、大きく出ました)には、さして不便をおかけしないでしょう。
 [SMツアー]シリーズ第4話『ミックス・リョナファイト』が2019/12/01発売予定一部サイトでフライングです。
復活してからは、正月休みに仕上げて校正して、まあ、2020年2月には新刊リリースになるんじゃないでしょうか。
 以後はのんびりペースでも、隔月刊はいけます。
 毎月、濠門長恭作品を心待ちにしていらっしゃってくだせられます危篤な読者様は、まあ、五指に足りぬでしょうし。
SM(イラスト)美少女競売

 上の画像は、G線上のオカズに少なくとも31回はさせていただいてるヤツです。U15でしょう。
 は、ともかく。
 休鍵中のポンポコスキンです。
 1:商業出版されている小説を読みふけって、文章作法の見直しをする。
 2:2勤5休くらいにせんと胃肝臓。すくなくとも連チャン絶対禁止!
 3:BMIをせめて25に近づける。身長を20cm延ばすのは無理だから体重を……をい、15Kg減量かよ!?
 4:サークル[犬と猫]のやり込みゲーム『海洋レストラン海猫亭』をリセット無し完全一発で最短クリアする。

 実は、4が最大の動機だったりしますが。
 とにかく、3か月くらいは書きません。掻きますけど。

 ブログの更新は休みません。
 てか、下書き保存の記事(創作メモが多い)が30本ばかりありますので、月5本ずつ公開しても半年はかかります。

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

股縄 コンダラー

『寒中坐禅(転がし)修業』の、エロ作務えろ寒いで修業女になにをさせようか(プロットに無い追加シーン)と、タイトルの語句で画像検索。したら、何これ? ばかりが出てきました。
む、むむむ?

 ので、『エロ』の語句を追加。したら……
な、ななな?

 なぜか、SMX工房ぷれぜんつう ばかりが表示されました。
[股縄][コンダラー][エロ]と三語に区切っても並べ替えても結果は同じ。
 えええっ!? 作品をチェックしましたが、[股縄コンダラー]の単語があるのは『鞭と縄の体育補習』だけ。このブログの自作紹介記事では『非国民の烙淫』でも言及していますが。[股縄]だけなら、書かれていない作品を探すほうが難しいくらいですが。だいたい、時代劇(女囚もの)に[コンダラー]が出てくるはずもありません。
 Yahoo!の検索アルゴリズム、どうなってるんでしょう。
 ちなみに。Googleでも似たような結果。Bingでは画像ノーヒット。もちろんセーフサーチは外しています。
 ???????ですが。

[コンダラー][股縄]でろくな画像がヒットしなくて、
[エロ]を追加する人って、りなかいるんじゃないでしょうか。

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

Progress Report 1: 寒中坐禅(転がし)修業



 盆休み明けに着手して、一週間で(人物紹介とかは除いて)実質45枚。スローペースです。
 とはいえ、今年に入って完成原稿は3100枚ほどです。大昔にSFを書いていた頃は、年に200~300枚とかでしたから、フルタイム・サラリーマンとしては、たいしたものです。と自画自賛。


 今回は、初夜の参禅の様子など(書きかけですので)途中までご紹介。参加者の中には『女囚性務所』『ドンキーガール』『海女と鮑と褌と』に参加したマゾ女がいます。
 さらには。有髪の僧侶に扮した男は第八代目の『古武術研究会』会長です。『大正弄瞞』の重要人物の末裔です。あれこれ書いていると、いろいろと登場人物が絡み合ってきます。「鬼平犯科帳」と「仕掛人・藤枝梅安」と「剣客商売」みたいな……痛いッ! 石を投げないでください。


========================================
 本堂のまん中に八人が横並びになって坐禅を組む。胡坐になって足の甲を反対側の腿に乗せる。身体が固かったり極端な肥満はこれが難しいのだが、女たちは易々と結跏趺坐を組めた。手を使わないと結跏趺坐を解くのは難しい。だから『本格』の座禅転がしでは腕しか縛らないのだが、もちろん、全羅参禅会のやり方ではない。
「手は後ろに回して、反対側の肘をつかめ」
 エア緊縛などとは、釈覚は言わない。
「女人は欲が深い。せめて参禅中は、何も欲しがらぬという心を姿勢で示せ。両手を広げて何もかも掻き集めるとか、前で重ねて『お頂戴』の結界印など、もってのほかじゃ」
 女たちは素直に手を後ろに組んで、何をされるんだろうとワクワクドキドキ(芽淫だけは、ビクビクも混じっている)しながら目を閉じて迷想にはいった。
 釈覚と妙覚が警策(スパンキングのための細長い竹箆と思えばよろしい)を目の前に立てて、もっともらしく巡回する。
 十二人の行者たちは本堂の壁沿いに並んで、形ばかりの坐禅。二人の伴僧の姿は、この場に無かった。
 最初の五分は、なにも起きない。女たちはお預けを食わされた気分になりかけて。円淫が上体をふらつかせたのは、わざとだったろう。この女は女囚性務所でも、わざと看守に反抗して厳しい懲罰を受けている。
 妙覚が斜め前に立って、警策の先で乳房をつついた。
「えっ……?」といった顔をして、戸惑いながら腕をほどいて合掌した。そして、元の姿勢に戻る。
 妙覚が警策を野球のバットのように構えて、軽く振った。
 パシイン!
 肉を打つ音が本堂に響く。
「…………」
 円淫は顔をしかめたが――女囚性務所で受けた懲罰に比べれば、ちょっと乱暴な愛撫くらいにしか感じていない。
 釈覚が、男たちに向かって軽くうなずいた。
 十二人がそろりと立って、足音を忍ばせて女たちに近づく。
 近くにある小さな滝の音が轟々と聞こえるほどの静かな本堂の中で、人の動く気配に気づかぬはずもない。女たち裸身には、性的な興奮の兆候がはっきりと表われていた。
 八人の男が、ひとりずつ女の背後に立って、あぶれた(のではなく、むしろこちらのほうが愉しいかもしれない)四人は、若い芽淫、蕾淫、凛淫、悦淫の前にしゃがんだ。年齢的には三番目に若い円淫が外されたのは、肉体的特徴に乏しかったからだろう。なにしろ悦淫は坊主頭だし、凛淫は小淫唇と太ももを接着剤で貼り合わせられて、クリトリスの実核も剥き出しにされている。
 釈覚が目顔で合図して。背後の八人が一斉に女の乳房をつかんだ。
「きゃあっ……」
「ひゃっ……」
「痛いっ……」
 いちばん派手な悲鳴をあげたのは、数時間前までは処女だった芽淫だ。凛淫と淫爛は声を出さなかったでけでなく、身じろぎひとつしなかった。
 前に陣取った四人は、それぞれ無毛の股間に手を伸ばして。芽淫と蕾淫は指で穿ち、悦淫は大開脚した合間から顔を覗かせているクリトリスをつねった。小淫唇を太腿に貼り付けられクリトリスの包皮を剥かれて瞬間接着剤で固定されている凛淫の前にしゃがんだ男は、両手に隠し持っていた注射針を左右の小淫唇に突き刺した。
「ぎゃああああっ……やめて!」
 凛淫が本気で叫んで、目の前の男を突き飛ばした。
「喝ーッ!」
 待ってましたと言わんばかりに、釈覚が叱声を発した。
「ちょっと触られたくらいで大仰な悲鳴をあげ、あまつさえ修業を手伝ってくれおる行者を突き飛ばすとは何事じゃ」
 妙覚が麻縄の束を凛淫の前に投げ落とした。
「暴力をふるえぬよう、縛ってしまえ」
 妙覚が麻縄をしゅるしゅると引き伸ばした。あらかじめ七メートルずつに切られている一本を二つ折りにして、凛淫がいさぎよく(内心をときめかせながら)みずから後ろに回した手首に縄を巻いて、ぐいと引き上げた。じゅうぶんに吊り上げてから、縄を乳房の上に回す。
「あっ……んんん」
 凛淫の喘ぎ声は、すでになまめかしく湿っている。
 高山社長も緊縛の手際はそれなりに鮮やかで、彼の手で初めて縄酔いも体験していたが。妙覚の縛り方は次元が違っていた。縄そのものが意志を持ったように肌に絡みついて来て、厳しく優しく締め付けてくる。
 上乳を絞られただけで、頭に霞がかかって、腰の奥が熱く疼いた。下乳を縛られ、別の縄で首を巻かれ乳房の谷間を絞られ、両腋も留め縄で締めつけられたときには、男の精液にも似た本気汁で床をたっぷり汚していた。
 固唾を飲んで見守っていた男も女も、妙覚が立ち上がってから初めて、いっせいに息を吐いた。
「縄酔いくらいは見たこともあるが、ここまでドロドロになるとは、思ってもいなかった」
「ドライだが熱いというのが、いわゆる縄酔いですからね。これはもう、縄逝きですよ」
「さすがは八代目ですなあ」
 一般参加者十人のうち半数は古武術研究会の会員だから、妙覚が希代の捕縄術達者だと知っている。ネットで得々とテクニックを披露している縄師のたぐいとは格が違うのだ。
「それにしても……この淫核の膨れようは信じられんな」
 凛淫の実核は包皮を含んだ平常時の大きさの三倍ほどにも勃起して、深いルビー色に染まって、いや輝いている。
「針でつつくと、パチンと弾けそうだね」
「おお、そうそう」
 凛淫の小淫唇に注射針を突き刺した男が、懐から三本目を取り出した。
「こんなこともあろうかと」
 メタボ気味で巨根の純学は、くすっと(たぶんお義理に)笑った。あとの者は、この台詞がアニメ系のギャグだとも気づいていない。
 男が個別包装のパッケージを破って、小淫唇を縫ったのと同じ注射針を取り出した。
「いやああああっ! やめて! 赦してください!」
 縄逝きから醒めて、凛淫が悲鳴をあげた。苦痛に(マゾ女としては)弱い彼女は、洗濯バサミまでしか経験がなかった。この夏のピンク海女ツアーでも、芽淫と同い年の野々村早苗絵がワニグチクリップで責められ三十分以上も耐えさせられた姿を見て、股間を濡らしながらも心の醒めた部分は恐怖に縮こまっていた。
 一般的なSMの知識としては、針は貫通してしまえばそれほど痛くないと知ってはいたが、やはり自分の身体で実験してみる気にはなれない。
「まったくうるさい女だな」
 釈覚が僧衣をはだけて越中褌をほどいた。
「我が法力で黙らさてくれるわ」
 三尺の布を丸めて、凛淫の口元に突きつけた。
 さらに逆らって、拷問のあげくに力づくで猿轡をねじ込まれるまでには、悦虐の心境に達していない。凛淫は素直に口を開けて、布を頬張った。褌の紐で頬を縛られた。
「では、弾けるか弾けないか、試してみましょう。みなさん、がっちり保定しておいてくださいよ」
 結跏趺坐に組んだ膝を両側から足で踏みつけられて、背後の男に乳房を握りつぶされる。
「では……」
 男が焦らすようにゆっくりと正面から針を近づけて、ぐいっと押しつけた。
「んんんん……ん゙い゙い゙い゙い゙っ!!」
 実核が淫埠に押しつけられるまでも鋭い痛みはあったが、実際にプツッと注射針が突き刺さった瞬間には目の前が赤く染まり、股間から尾底骨まで冷たく鋭い衝撃が奔って、そのまま背骨を貫いて悩円まで突き抜けた。
 猿轡の中に絶叫を吐き出して、凛淫はガクッと頭を垂れた。気は失っていなかった。クリトリスを淫埠に縫い着けられて、しかし痛みは薄れていた。
 超絶的な激痛だったが、一瞬なら耐えられると、凛淫はぼんやり考えている。もちろん、ここに通電されたり炎で炙られたりピンクローターを吊るされたりといった『オプション』があるとは、SMツアー社の裏社員であれば当然に(?)知ってはいたが。まさか初日からそんな凝った責めまではされないだろうと、高を括っているところもあった。
 実際、凛淫の希望的観測どおりになった。
「いきなりで厚かましいお願いかもしれませんが、妙覚さんの緊縛術を教えていただけませんか」
 芽淫の『初めての男』になった俊学が申し出ると、何人もが賛同の声をあげた。
「喜んで。修業女どもを法悦協に導くのも私たちの務めですから――といっても、初対面の女を縄酔いまで追い込むのは無理でしょうが。無駄に締め付けて痛い思いをさせるのも可哀想ですしね」
========================================
追伸
「座禅」は「坐禅」に改めました。こちらが正しい表記だそうです。
雰囲気も[らしい]感じです。



00.jpg

高山社長と西川麻凛や真園蕾たちだけのシーン(があるかどうかは未定)では実名で書きますが全羅参禅会の場面では法名で通します。しかし、ふつうに漢字変換すると手間です。「さく」→「咲く」1文字BS 「咲いん」→「咲淫」
なので、全部単語帳に登録しました。作品を書いた後では邪魔になる読みもあるので(いんらん→淫爛)、あとで確実に削除できるよう、読みに「*」を着けておきました。
ついでに、SMX関係の登録単語も披露しておきましょう。『戦闘詳報』では、全登録単語の紹介をしていますが、まあなんとか差別化を図ってみましょう。



*いんらん    淫爛   名
*えついん    悦淫   名
*えんいん    円淫   名
*かいん     花淫   名
*しゃくかく   釈覚   名
*しょういん   咲淫   名
*とつねん    訥念   名
*ぼくねん    朴念   名
*みょうかく   妙覚   名
*めいいん    芽淫   名
*らいいん    蕾淫   名
*りんいん    凛淫   名    ここまでが『寒中坐禅(転がし)修業」の人名です。
あいど      愛奴   名詞
いれ       挿れ   一段動詞
いんかく     淫核   名詞   だいたい『陰○』はすべて『淫○』で登録しています。
いんぎゃく    陰虐   名詞   『陰性』『陰陽師』『太陰』『山陰』などは置き換えませんよ。
いんぎゃく    淫虐   名詞
いんぐ      淫具   名詞
いんけい     淫茎   名詞
いんしん     淫唇   名詞
いんのう     陰嚢   名詞
いんのう     淫嚢   名詞
いんばい     淫売   名詞
いんぷ      淫婦   名詞
いんぷ      淫埠   名詞
いんもう     淫毛   名詞
いんもん     淫門   名詞
いんれつ     淫裂   名詞
えいん      会陰   名詞
えいん      会淫   名詞
えつぎゃく    悦虐   名詞
えんぎ      艶戯   さ変 名詞
えんこう     援交   さ変形動名詞
おぼこ      未通女  名詞    「むすめ」とルビを振る場合もありますね。
おんな      妓    名詞
かぎゃく     加虐   名詞    非加虐的反応……??
かしん      花芯   名詞
きじょうい    騎乗位  名詞
きょこん     巨根   名詞
くめい      苦鳴   名詞
くんに      クンニ  さ変名詞  カカタナ変換で間に合うのに
けいけつ     経血   名詞
こういん     口淫   名詞
こういん     肛淫   さ変名詞  荒淫、光陰、工員、公印、拘引などはデフォルトにあります
こうかん     肛姦   さ変形動名詞
こうぎ      後戯   名詞
こうぎゃく    肛虐   名詞
こうはいい    後背位  名詞
こばく      固縛  さ変名詞
さいいん     催淫   名詞
さね       実核   名詞
しかん      視姦   さ変名詞
しゅうい     囚衣   名詞    一般名詞ですが、SMX御用達です
しゅうどう    衆道   名詞
しょうかん    娼館   名詞
しょうがくせい  娼学生  名詞
しょうばい    娼売   さ変形動名詞
じゅうかん    銃姦   さ変名詞  もちろんウソです。Fc2規制です。ちなみに仮名はOK
じゅうよく    獣欲   名詞
じゅぎゃく    受虐   名詞
じょいん     女淫   名詞
じょせいき    女性器  名詞   「おんな」+「せいき」でもいいけど、女世紀とか誤変換対策
すまた      素股   名詞
せいぎ      性技   名詞
せいじゅく    性熟   さ変形動名詞
せいじょうい   正常位  名詞
せいど      性奴   名詞
せいむしょ    性務所  名詞
ぜんぎ      前戯   名詞
そうきゅう    双丘   名詞
そけいぶ     鼠蹊部  名詞
そばめ      側妾   名詞
た        勃    た行五段
たけぐつわ    竹轡   名詞
たつ       勃つ   た行五段
だんせいき    男性器  名詞
ちきゅう     恥丘   名詞
ちじょ      痴女   名詞
ちもう      恥毛   名詞
ちょうちゃく   打擲   さ変名詞
ていもう     剃毛   さ変名詞
とさつ      屠殺   さ変形動名詞
としま      年増   名詞
にくぼう     肉棒   名詞
にくらい     肉蕾   名詞
にじゅうしょう  二重唱  名詞    『いじめられっ娘二重唱』で登録した方が手っ取り早いかも
にゅううん    乳暈   名詞
にゅうりん    乳輪   名詞
はずかし     羞ずかし形容詞    「恥ずかしい」との使い分けが難しい
はりがた     張形   名詞
ばいしょうふ   売笑婦  名詞
ばいた      売女   名詞
ひえつ      秘悦   名詞
ひがい      秘貝   名詞
ひこう      秘孔   名詞
ひしん      秘唇   名詞
ひにく      秘肉   名詞
ひぶ       秘部   名詞
ひれつ      秘裂   名詞
びちく      美畜   名詞
びていこつ    尾底骨  名詞    尾骶骨はデフォルトですが
ふたつ      双つ   助数詞
まぐわ      媾合   あわ行五段
またなわ     股縄   名詞
まら       魔羅   名詞
まんこ      マンコ  名詞    お遊びで登録したっけ?
みせいじゅく   未性熟  名詞
みつつぼ     蜜壷   名詞
むち       笞    名詞
むなじ      胸乳   名詞
むもう      無毛   名詞
やわにく     柔肉   名詞
ゆな       遊女   名詞
ようこん     陽根   名詞
ようぶつ     陽物   名詞
らじょ      裸女   名詞
れいじょう    隷嬢   名詞



追伸 2019/08/25 21:30
Progress Report後に書き飛ばして、本文62枚です。

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

ロリコン推薦図書

  電子出版サイトには、それぞれ独自のドレスコードがあるようです。

 キンドルは、内容を一切公開せず「コンテンツ・ポリシーが違反しています」という珍妙なニチホン語(最近はすこしだけ改善されましたな)のメールがきて、無条件にアウト。あれこれ試行錯誤の末、表紙絵においては、描写の有無にかかわらず、性器が見える可能性のあるアングルがいかんと、自力解明しました。ここの売り上げが大きいので、素直に長いものに巻かれています。
 2次元主体の大手2サイトは、懇切丁寧です。
 ランドセルは駄目とか、あそこの文章とここの文章から計算するとヒロインが未成年とわかるからペケとか。
 たとえ、Japanese Standard time だろうと Japanese Samurai だろうと『JS』表記は駄目。『J.S.』ならOKとか。
 どこのサイトも商業出版社の電子書籍と、同人(個人)出版とでは、ドレスコードがダブルスタンダードですが。これは、大手なら出版社の自己責任ということでしょうから、まあ、かまいませんし。
 このたびご紹介する(他山の石とする)R書房ですが。

 以前から表紙絵で畜美描写不可でした。側面図で輪郭描写はギリギリで、色付け不可。ここらは、健全少年漫画誌の描写と同水準ですね。
 これに加えて。現在の日本の法律では『自動ポルノ』は実在少女に関する映像だけが規制対象ですが。
 「自動ポルノを連想させる内容」という曖昧な言い方で、文字作品も規制にかかったようです。筆者の作品が7点ばかり引っ掛かっています。キンドルどころかDサイトの1/5も売上のないところですから、このサイト向けに修正版など作りません。てか、濠門長恭作品からU18を抜いたら、天婦羅(近年ではカツとじ)無しの『台抜き』にもなりません。

 台抜き:下の蕎麦あるいは白飯を、上に乗せる料理の『台』と見做した言い方。
     古くは、蕎麦屋で『台抜き』を肴に酒を飲むのが「通」とされていました。
     天婦羅まで抜いたら汁だけですが、濠門長恭作品では、その汁まで出なくなってしまいます。
 というわけで。弾かれた作品は絶賛放置プレイ中ですが、他サイトでは賛絶発売中です。
 国内大手電子出版サイトのお墨付きの「自動ポルノを連想させる」小説です。
 ロリコンのかたは、他サイトにて、是非お買い上げください。

ロリコンに推薦
 Dサイトのアフィリンクを貼っておきます。こちらからお買い上げいただくと、筆者が潤いますので、何卒宜敷御願奉り申し上げまするう~
↓アフィリンク
Family SM Triangle (総集編)縄禿初潮水揚いじめられっ娘二重唱(前編)いじめられっ娘二重唱(後編)


 追記
 FANZA(DMM)アフィリエイトでは、「キーワードでリンク作成」という機能がありましたとは知らなんだ。
 で、さっそく『MXS工房』で検索してアフィリンクを作ろうとしたら
 『縄禿初潮水揚』『未性熟処女の強制足入れ婚』『非国民の烙印(後編)』がヒットしません。
 問い合わせたところ、ここも。じどうポルノ絡みです。漢字にできないのはFc2ドレスコード。
  それに類する内容、連想させる表現  と、きました。
 連装まで挿れたら、「自動販売機」も「養女林間」も「用地遠征」も、ぜーんぶ46サインチ3連装です。

 結論。
[非情と淫虐の上意]琴乃編『縄禿初潮水揚』は、大手2サイトから Full Autmatic Pornography モドキと認定されました。
 ロリコンサディスト必読の書です!?
 ぜひ、お買い上げを!!!!!

追記2
 新規登録申請した『プライベート・リョナファイト』もR天で落第しました。晴れてFAP認定です。FAPを検索すると下ネタ辿り着きます。FAQは、Fantastic Anal Queen の略では有馬温泉草津の湯別府指宿道後温泉。『戦闘詳報』モードになってきました。
 どうせ、R書房はメロンブックスと同じで賑やかし。なんて暴言はいけませぬ。Rさんちでは、2年数か月で2万円以上の売り上げがあります。金$より1ケタ半は↓ですな。

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

Progress Report 0: 寒中座禅(転がし)修業



 なにか書いていないと落ち着かないというのは、これはこれで病気ですね。
 SM小説執筆依存症、エロ駄文中毒。

 [SMツアー:貴女の妄想叶えます]EPISODE 5 『寒中座禅(転がし)修業』
 だいたいは出来ていた構想(責めの内容、展開)に登場人物を配していって。
 また、ちょっと遊びました。
 舞台は山奥の荒れ寺。いちおうは『参禅世界』という宗教法人が管理していて、年に4回の宿泊座禅転がしを催していて、冬は寒くて女の手配がつきにくいので、SMT社に依頼している。という設定ですが。
 この荒れ寺を『大正弄瞞』でヒロインが無茶修業をさせられて流産した、その寺にしました。主催者も同作品の狂言回しを務めた古武術研究会(古武術といっても捕縄術ばかり)の子孫が引き継いでいるとか。大正後期から昭和平成まで、復活して数年活動しては、また消えかけて――を繰り返して、実に百年の伝統を誇る女人虐待の宴。
 今回の参加者(の一部)のハードマゾぶりに感激した主催者が、古いアルバムを披露して。『大正弄瞞』のヒロインの写真もあって。
・昔は、ひとりかふたりの女を十人くらいで甚振っていた。(今回の企画は♀8×♂14)。
・被虐願望マゾ牝でなく、売られたり騙されたりした本物だった。当時でさえ非合法の年齢の少女も生贄にされていた。
 その話を聞いて、羨ましがる女とか。
 現代社会での企画(全羅座禅会:ぜんらざぜんえ)は、まったくの合法。
 修験道場という、一般人立ち入り禁止の私有地内で公園ワイシャツ罪も適用されず、参加者の最少年齢でも18。
 まあ、国内企画だと、仕方がないですね。


 では、PLOTを。作者の覚書ですので、内容があちこちに散らばっていたりも、いつものことです。

========================================

男は耐寒仕様作務衣。
女は平常は袖無半尻作務衣だけ。素足。食事と座禅は全裸。就寝はさまざま(連縛、夜通し貫通)
06:00 起床、排便、水行
07:00 作務(清掃、料理)
08:00 朝食
09:00 エロ作務
10:30 座禅(転がしあり) 一部男が昼食準備だったが、今回は菜穂子が中心。
13:00 昼食
14:00 野外修業/昇天修業/瞑想(放置)
17:00 作務(般若湯準備)
18:00 夕食
19:00 座禅・勤行(乱交)
22:00 消灯
5泊6日(男とペアは前泊)
寺は大正時代から数寄者が集っては、さびれ。さびれては復活。
『大正弄瞞』の寺 山伏の修験場だったが、今は宗教法人『参禅世会』。
仏教協会などには加盟していない。新興宗教扱い。

女:8人(単独参加者には20万円のギャラ。バイトとしては見合わない)
  SOS裏社員2人は、そのままギャラ。基本給も支給。
  ツアー参加者4人は半額が手数料。
男:寺側4人+ペアの片割れ2人+単独8人(高山含む)
SMT社としては紹介料90万円+手数料40万円。
高山の拘束時間を社長業務と考えれば大赤字。
凛淫[リンイン] 西川麻凛 (23)
          蕾のタチを装って監督指導(SOS参加者は知っている)
蕾淫[ライイン] 真園 蕾 (20)
          コンダクター(裏社員研修)
円淫[エンイン] 林 円花  SOS (22)派遣社員。高山がスカウトを試みる。
芽淫[メイイン] 君島芽衣  SOS (18)処女
悦淫[エツイン] 小室ゆかり SOS (25)SMを理解してもらえず破局の傷心参禅:剃髪を希望
花淫[カイン]  島野乃花  一般参加(26 パートナー:小出 聡) 野乃花が小出を逆調教
咲淫[ショウイン]畑田実咲  一般参加(29 パートナー:畑田勇太) 実は看護婦
爛淫[ランイン] 木島菜穂子 SOS (39)焼印のまわりは無毛

妙覚 弟子の身分だが、実質的な主催者。祖父が古武術研究会の運営者。
釈覚 住職
朴念 修行僧=雑役 全羅修業会(ぜんらしゅぎょうえ)のときだけ
訥念 同上

昭学:高山  一般参加を装う。2人の僧しか知らない。SOS参加者との面接は麻凛まかせ。
英学:小出  野乃花が実咲の高校時代の後輩の縁で
広学:畑田  ボランティア医師 古武術研究会(10年前に復活)賛助会員。
健学:大野木 単独参加者 100万円
秀学:田代  単独参加者 100万円
大学:鈴宮  単独参加者 100万円
友学:津田沼 単独参加者 100万円
元学:下林  単独参加者 100万円
純学:南   単独参加者 100万円
善学:佐東  単独参加者 100万円
主催者としては、100×7-[20×6+15×6]=510万円。
諸経費を引いた残りは210万円。スタッフの手取は、ひとり50万円。
年4回(春夏秋は女が足りているからSOS無し)。これだけでは事業として成立しない。
写真・動画は編集/モザイクで裏通販。
オリジナルは妙覚のみが秘蔵。古武術研究会の存続がライフワーク。


1:得度
 急な長い石段を上がるSOS一行。昔のエピソードとか。
 女淫房に先客は花淫と田淫。前日から参加。修業衣(袖無半尻透作務衣)。
 断熱構造。寒い。
 庭で顔合わせ。男は僧衣と防寒作務衣。ルールは男女とも心得ている。
 俗世の一切を捨てよ。女は全裸に。
 本堂で得度。麻凛、円花は永久脱毛。菜穂子の焼き印に瞠目。
 菜穂子が下女働きを申し出る。得度が難しい。燃やす。
 ゆかりが剃髪を申し出る。釈覚が担当。
 剃毛は、切り傷若干。SOSメンバーに法名。
 僧の指導を受けながら女は夕食準備。
 全裸を鑑賞されながら夕食。開脚正座。菜穂子は後ろ手錠で待機。残飯を犬食い。
 夜は最初の座禅。手は後ろで水平に組む。欲深い女は、何も求めてはならぬ。
 菜穂子は逆さ吊りで見学。身悶えしたら警柵その他。
 男が交代で教導。叩いたりつついたり。全員が緊縛(緊縛講座)。
 男女とも憧れの(?)座禅転がし。
 ノーマルに就寝。

2:滝行 
 午前の座禅は緊縛放置バイブ添え。
 四六時中の責めではない。合宿気分も。スマホ類禁止。TVも無し。雑談。
 午後の修業は滝行(短時間)。菜穂子は終始水中座禅。アナルディルド体温計で目は配っていたが、低体温症。
 円花が拒絶して逆さ吊りで。性務所と同じで、反抗で懲罰のパターン。マンコ滝打ち。
 高山が氷柱を。円花、よがる。
 入浴時はソープ修業。実咲が元本職。
 坐禅は最初から目隠し緊縛猿轡。乳首⇔足の親指。途中でクリ糸合流。ローター/電マ吊るし。
 夜は、年少の芽衣と蕾を4人掛かりで。円花は緊縛安静で見学。菜穂子は雪ダルマ放置。

3:祓行
 午前は巡拝。庭に支柱を打ち込んで、ロープを張る。支柱は伸縮式。
 緊縛で周回。本殿前では支柱挿入して拝跪。
 午後は罪障祓い=鞭打ちその他。未経験者はバラ鞭と笞。
 ゆかりが、肌が裂けるまでの鞭打ちを希望。菜穂子も。妙覚と高山で対応。一本鞭。
 妙覚が臨時レクチャー。古い写真のデジタル化。女囚第七号(佐江の母)、十六号(年増女郎)二十三号(佐江)、八十二号(尋常学校)。
 昔は、ひとりの女を五人十人で責めていた。しかも、本人は嫌がっていた。円花と芽衣が羨望のため息。
 5年から10年続いては、しばらく中断。昭和後半のカラー写真は、縄でなくハーネスも。
 坐禅は2穴凶悪ディルド。人数分はないので、3点スポイトローターも。

4:灸行
 無駄な労働。上半身有刺鉄線緊縛。股縄ブロック運び。股間箒。膣牽引(ドンキーガール)。
 午後から灸責め(台座灸)。ゆかりと菜穂子は直接を希望。
 全員マングリ返しでクリ、淫唇。
 入浴時のソープ練習は続いている。

5:相撲
 高山が円花をスカウト。「好きな責めばかりではない」
 男女入り乱れての相撲。女同士の勝ち抜き/負け抜きあり。
 菜穂子はケツバット四股。ゆかりは鉄砲練習台。土俵では円花が頑張る。
 基本的に和気あいあい?
 午後から本人のリクエストで。
 円花 :水中座禅顔浸けあり。
 菜穂子:滝行逆さ吊り。(2人の責めが入れ替わる:畑田が監督)
 ゆかり:全身お灸。
 蕾  :巡拝。
 麻凛 :有刺鉄線緊縛で膣牽引(苦痛系に挑戦)。高山の発案で有刺鉄線フンドシでブロック。男性3人で鞭追い。
 芽衣 :素直に快感開発。男性陣総がかり。
 野乃花:相撲で男性から総嬲り。
 実咲 :フル装備座禅、3点責め+2穴ディルド。いざというとき、看護婦に戻るため。

6:還俗
  解散。円花がスタッフに。

========================================
 外見とかは、書きながら決めて(麻凛、円花、菜穂子と高山昭雄は、過去の記述と矛盾しないよう)、PLOTに後からメモしていきます。
胡坐縛りがいっぱい
 胡坐縛りの画像はたくさんありますが、ひとつの視点から眺める形にまとめるのが難しいし。これまでに紹介している『複数裸女座禅』は、探しまくっても低画質画像が2点きり。困ったものです。


 以下の画像は作者の個別作品DLsite販売ページへのアフィリエイトリンクです。
大正弄瞞~義理の伯父と継母と異母兄に三穴淫虐調教される箱入り娘少女博徒~手本引地獄海女無惨花-淫虐の近親レズプレイ-偽りの殉難~香世裸責め未性熟処女の強制足入れ婚無限の幻夢~被虐異世界遍歴の果てにミスリルの悲劇ミスリルの虚妄~繁殖寵姫の権謀術数

しつこく、FANZAの自作アフィリンクも貼って見たりします。

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

Progress Report Final : プライベート・リョナファイト

  脱稿しました。173枚。
 ここのところ、『流して』書いている感が否めません。前作の『火竜と翔けたアクメの空』は渾心でしたが、あれは一部描写を除くと全年齢で通用しそうな、内容でしたので内心が忸怩としないでもありません。
 今回は、造詣が浅い格闘技がテーマなので、どこまでリアリティがあるか……空戦の描写に比べて、曖昧な表現が多くなってしまいました。
 ちょっと趣向を変えて。「体験版」でも紹介しない後書を晒してみましょうか。


========================================
 いくらPLOTを決めていても、話の流れには逆らえません。最後には、『可愛い孫娘』を痛めつけられたブレイカー老の詩織への復讐残虐シーンを挿れるつもりでしたが、ばっさり落としました。
 リョナファイトはリョナファイトだけでまとめたほうが、すっきりします。サディスティックなリビドーは蓄積しておいて、別の作品でヒロインにぶつけてやります。そのヒロインこそ、いい迷惑ですね。
 最後にブレイカー老が『復活』するシーン。かなりに取って付けていますが。ほんとうは、彼の姓をドイツ風にして
「総統……私は歩けます!」と叫ばせるつもりでした。
 さすがに遊び過ぎと反省して、これもボツにしました。
 最後の最後で、登場人物中最年少のはずのフロルが、実はアラサーの可能性もある――というのは、筆の勢いです。作者としては、フロルは見た目通りの年齢です。
 この作品を脱稿したのは、盆休みの終盤です。
 明日(2019/08/17)は同人誌の毎夏恒例麦酒庭園集会。
英気を養って、構想を練って、次作には週明けからでも取り組みましょう。

 さて、何を書きましょうか――このところ、毎回同じことを書いてる気がします。[硬式]ブログの本棚を増設して、いよいよ『昭和集団就辱』シリーズを始めたい気もします。
 これは、同じようなシチュエーションの短編を2~3話一気執筆して、
『接客編』チョンの間、売春島
『浴場編』トルコ嬢、秘湯の遊女
『芸術編』ストリッパー、モデル
『女給編』ピンサロ、同伴喫茶エスコートガール
『妻妾編』写真花嫁、主婦代行派遣、処女妾修業
『性裁編』マッチ売り、美人局
『番外編』マグロ漁船の少年、サウナボーイ
 などなど。
 なんて予告しときながら、いきなり『ヒロイン戦記』に戻ったりして。
 明日は明日の Windows11?
========================================
ryona-sword.jpg

アイキャッチ画像も、リョナっぽいというだけで、本編と関係のないものばかりですね。

淫乱処女のエロエロ・デビュー縄と鞭の体育補習ママと歩む Slave Road強制入院マゾ馴致(前編)~絶海の孤島で繰り広げられる集団調教劇Family SM Triangle (総集編)いじめられっ娘二重唱(前編)いじめられっ娘二重唱(後編)姪奴と甥奴(前編)~繁殖奴隷にされる姉と男の娘に改造される弟姪奴と甥奴(後編)~繁殖奴隷にされる姉と男の娘に改造される弟

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

Progress Report 3:プライベート・リョナファイト



 全5章のうち3章が終わって140枚。第4章は2シーンで尺が長いですが、5章は数枚の予定ですから、全体で200枚ちょっとでしょうか。
 今回は、ヒロイン(28歳、ドM)の格闘シーンを。
 書いていてつくづく思ったのは、筆者には格闘技の基礎知識が不足していますね。
 相手をロープに吹っ飛ばして、跳ね返されてきたとろをソバット(後ろ蹴り)なんて書いても、構図が頭に浮かびません。これが、後上方から緩降下攻撃を仕掛けてきた敵機をバンクと横滑りでかわして、逆にズーム上昇で後ろにつける――というのは、操縦桿の操作も両機の位置関係も、はっきり見えています。
 ドッグファイトの描写は得意だが、キャットファイトは苦手。というオチです。

========================================
 興行の幕開けは、午後八時。出場者は、その二時間前にはアリーナの控室にはいっていなければならない。
 詩織は、午後五時から支度にとりかかった。
 バスタブの中で、日本から持ってきた除毛フォームを首から下に塗りたくった。いっそ永久脱毛してしまえば面倒は無いのだが、これはこれで、日常から乖離した被虐の世界への扉を開ける儀式のようにも思える。除毛のあとの肌のヒリつきも、マゾ牝に変身した気分にさせてくれる。
 髪は丹念にブラッシングして、男がつかみやすいようにポニテに結ったが、化粧は一切しない。汗と涙でグシャグシャになるからだ。
 素肌に裾の長いTシャツ一枚を着て、リングコスチュームと自前の医療キットを詰めたバッグを肩に、詩織はホテルを出た。
 ホテルの前には三台のタクシーが止まっている。そのうちの、Reservedの表示がある車に乗った。アリーナまでは歩いて行ける距離だが、何も知らない市民に不審を持たれないための措置だった。組織が手配した運転手も、詩織の露出的な服装への感想など言わない。

 詩織は自分の支度にとりかかった。素裸になって、柔道の黒帯を締める。後ろで硬く結び留めて、長く余った部分を股間にくぐらせる。五センチちかい幅の帯を平らにして尻のあいだに食い込ませる。尻肉が左右に割り開かれる感触は、ふつうの股縄では味わえない。小淫唇を割り開いて、下から上へ食い込ませていく。分厚い布地の縁が内側を圧迫するが、角が滑らかなので、痛みはあまり感じず、荒々しい快感だけがつのる。腰を巻く帯に前で結び付けて、全体がY字形になるまで締めこんで、端を引っ張ればほどけるように、片結びに留めた。
 もちろん、自分から帯をほどくつもりなどない。対戦相手に無理矢理ほどかれて、力ずくで犯される。そう思っただけで、腰の奥が厚く燃え上がって、おびただしく濡れてくる。
 女囚性務所での問答無用の拷問と性的虐待も素晴らしかったけれど、死力を尽くして抵抗して犯されるほうが自分には合っていると思う。去年の柔道合宿みたいな輪姦は望めないけれど、五百人を超える蔑みの視線が恥辱を掻き立ててくれる。

 花道をリングに向かって歩いているうちから、昨日と同じVIP室に老人と少女の姿があるのに、詩織は気づいている。二日を通して観戦する者は珍しくないと、ドンから聞かされているし、老人と少女の関係がなんであろうと、関係のないことだ。
 屠殺場へ引かれていく気分を愉しみながら、詩織は花道を歩き終えた。
 黒のコーナーポスト側には、詩織よりも若い細身の男が、二人待ち受けている。まったく見わけのつかない双子だ。男二対女一の逆ハンデマッチというのは、日本を立つ前からの詩織の希望だった。しかし、双子とはちょっと意外だった。
 レフェリー兼リングアナが、マット中央にしゃしゃり出る。
「黒のコーナー。ネイキッドブラザーズ・A&B」
 二人のリングコスチュームは、パンクラチオンスタイル。つまり、全裸で素足だった。闘いに臨んでも股間が聳え勃っているのは、訓練の成果でもあり、詩織を舐めてかかっている証拠でもあった。
「ピンクのコーナー。ブラッククロッチベルト・シホオオオ。105ポンド、5フィート2インチ。スリーサイズは34/24/35」
 二日間を通じての出場者の中でもっとも背が低いのは苦にならないが、しかし体重がソルジャーピンクより2ポンドだけ重たいのは――被虐とは無関係の恥かしさだった。
 小母さんとU15とを比べるのが間違っている。と、詩織は自分を慰めているのだけれど。
 そのかわり、いちばん激しく羞ずかしく甚振られてみせる――と、詩織は決心していたのだけれど。ソルジャーピンクには勝てそうにないという予感もあった。
 別に、彼女に格別の思い入れがあるわけではない。インタビューで詳しく話を聞いたせいに過ぎない。
 カアアン!
 詩織はリング中央で柔道の構えを取った。ヘソ丈の上衣など滑稽でしかないのだが、全裸だと投げ技のとっかかりが少ない。つまり、着衣はパンクラチオン・スタイルに比べて圧倒的に不利なのだ。詩織に優位があるとすれば、相手は最大の急所を露出していることだけだ。
 タッグマッチではないので、相手は二人ともリングの中にいる。どっちがAでどっちがBか見分けは着かないが、とにかくひとりだけが前に出てきた。腰を低くした前傾姿勢はアマレスリングの構えだが、歴史をさかのぼればパンクラチオンにたどり着く。
 詩織は玉砕を前提に攻めて出た。
「やああっ!」
 柔道ではなくケンカ殺法というか。いっそう姿勢を低くして相手の腰にタックルを掛けた。組み付いて、突進の勢いで自分より体重の重い男を押し倒して、押さえ込みにかかる。相手は裸だから、衿をつかんで締めあげるわけにはいかない。
 跳ね返されかけて、むしろその反動で足を相手の首に絡ませてプロレス技の首四の字固めにちかい形になった。
 これまでの試合の半分以上がそうだったように、最初はやられ役に見せ場を作らせておいてから料理にかかるつもりかと、詩織は推測した。それならそれで、後悔するくらいに暴れてやる。
 首にかけた足を、さらに締め付けた。
 どんっと、背中を蹴られて。同時に下からも突き上げられた。
 相手は二人だったと思い出したときには、二人掛かりで仰向けに押さえつけられていた。
 ひとりが馬乗りになって。
 バシン、バシンと、乳房にフックを叩き込んでくる。
「くっ……!」
 乳ビンタくらいはいくらでも経験があるが、ナックルパンチは桁違いに痛い。それも乳房だけでなく、肋骨に届く角度で打ち込まれている。
 しかし、ここまでは出合い頭の挨拶に過ぎなかった。詩織は二人掛かりで引き起こされて、両手を左右に引っ張られた形でロープへ飛ばされた。弾き返されればカウンターを食らうのがわかりきっているから、ロープにしがみついて、踏みとどまった。
「チッ……」
 簡単にロープから引き剥がされてリング中央まで押し出されて。
「あっ……いやあっ!」
 黒帯フンドシの結び目をつかまれて、あお向けに持ち上げられた。股間に帯が食い込む痛みよりも、羞恥が強い。つまり、詩織にはまだそれだけの余裕があった。
「オラアッ!」
 二人掛かりで頭よりも高く持ち上げられて、そこからマットに叩きつけられた。受け身を取って腰と背中を護ったが、柔道の試合では考えられないほどの高さから投げ下ろされて、全身が痺れるほどの衝撃だった。
 起き上がる暇も与えられず、また持ち上げられて、今度は裏返しにされて頭の高さからなげ下ろされた。
 双子のひとりが膝を突いて、もうひとりが詩織の腰を正確に膝に打ちつけた。
「ぎゃんっ……!」
 この一撃で、詩織は立てなくなった。それを強引に引き起こされ、またロープに飛ばされる。弾き返されて足をもつらせて倒れかかるところへ、ソバットを蹴り込まれた。プロレスの週刊誌なら『轟沈』と形容するだろうダメージだった。
 しかし、マットは詩織から遠ざかる。ポニテと黒帯フンドシをつかまれて、また宙高く持ち上げられて。
「いやああっ……場外は赦してえっ!」
 マットから床までは三フィートの高さがある。マットからトップロープまでは四フィート。そのさらに二フィートほども高い位置から、硬い床に、うつ伏せに投げつけられた。
 受け身がどうこうのレベルではない。下手に手を突っ張れば骨折する。顔だけは護ろうとして胸を突き出して――乳房はひしゃげて、腰も腹もしたたかに打った。
 双子がリングから下りてきて、黒帯フンドシをつかんで、詩織を荷物のようにリングへ放り上げた。
 俎板の上の鯉だ――まだ鮮明な意識で、詩織は思った。試合開始後数分で、すでに起き上がることさえ難しい。
 いい加減で陵辱に移ってほしいという想いと。一か月くらいは入院が必要になるくらいまで痛めつけてほしいという想いとが交錯する。そこまで痛めつけられてから、せっかく二人いるんだから同時に犯してほしいなどと考えて――我ながら底無しの被虐願望に呆れてしまった。
 詩織の願望は、十二分以上に叶えられた。
 無力に横たわる詩織の黒帯フンドシが、あっさりとほどかれた。今度は股間を指で穿たれて、ボーリングの球を持ち上げるようにして腰を引き上げて、立たされた。ロープ際へ運ばれて、大の字に磔けられた。
「天国と地獄を同時に愉しませてやるぜ」
 観客に向かって声を張り上げて。双子の片割れが、黒帯を改めて詩織の股間に通した。両端を持って引き上げる。
「くううう……」
 両脚を踏ん張れば股間への食い込みは和らぐが。どうせ、どこまでも引き上げられるのは分かっているから、無駄なあがきはしない。
「そーらよ。ワンツウ、ワンツウ」
 掛け声に合わせて、黒帯を前後に扱いた。帯は縦になって淫唇の奥深くまで食い込んできて、帯の縁が膣口までこすり上げる。帯の面が粘膜を引っかく。
「くうう……んん、ん……」
 それは激痛だったが、甘い疼きを伴っていた。
 もうひとりが、詩織の右斜め前に立った。
「もうちょい、上だ」
 黒帯が吊り上げられて、詩織の腰が浮く。
「OK」
 肝臓を狙ってパンチが放たれる。
「ぐぶっ……」
 鈍い激痛が腹を突き抜ける。
「リズムを合わせようぜ」
「そら……ワンツウ、ワンツウ、ワンツウ」
 帯が上下にしごかれて、同時に右わき腹と鳩尾にジャブが叩き込まれる。
「ぐぶ……うう……」
 詩織が呻きを漏らしていたのは、そう長い時間ではなかった。息を詰まらせて、あとは残酷な子供が弄ぶ人形さながらに、揺すられているだけ。
 それでも、詩織の意識はまだ正常な範囲の下限くらいには保たれている。これまで数々のハードプレイや、女囚性務所での本式の拷問で鍛えられたからではない。もちろん、そういった経験や訓練で、苦痛に対する耐性が上がってはいるのだが。ふつうの女ならあっさりと失神する苦痛を、獣のように吼えて悶え苦しむ――くらいの違いしかない。
 詩織が今の激痛に耐えていられるのは、性的なニュアンスを含んで責められている。言葉を換えれば、自分の苦悶を男たちが愉しんでいるという意識が、詩織にあるからだ。もしも、男たちにそういう意図がなく、ただ何事かを自白させようとか、思想を転向させようとか言う目的意識だけで責められているのだったら、とっくに詩織は自白して転向しているだろう。
 そういう意味では、このリョナファイトも、詩織にとっては超ハードなSMプレイなのだった。
 それは、SOSに参加するツアー客も同じなのだと、不意に詩織は悟った。本物の被虐とはいっても、自分が女として扱われ女として陵辱されるのでなければ――自分も彼女たちも、そこに嫌悪しか感じないだろう。
 そんなことを考えているうちに、詩織は意識が急速に不透明になっていくのを感じた。代わりに、性的愉悦を伴わない恍惚が身体を包む。絶対的な苦痛を緩和しようとして分泌される脳内麻薬の仕業ではあっても、至福に違いはなかった。
 ネイキッドブラザーズはともかく、経験豊富なレフェリーは詩織の状態を正しく把握していた。
「ブレイク!」
 ブラザーズをコーナーまで下がらせた。
「ドクター」
 ソルジャーピンクを診た医師が、今度は鞄を抱えてリングに上がった。VRのゴーグルのような眼鏡を掛け、電マのような器具を詩織の腹部に当てて、五分ほどかけてスキャンする。それから、先ほどと同じように大きくうなずいた。簡易な超音波診断がどこまで信頼できるか怪しいが、試合を中断させるほどのダメージは受けていないということだろう。それでも、マチルダのときは試合終了後の診断もしなかったのだから、それだけ詩織に加えられた暴行は深刻だったということになる。
 ドクターが引き上げて。スタッフとレフェリーの手で詩織は磔から解放されて、マットに仰向けに転がされた。
「Fuck Ass!」
 レフェリーが双子に暴行の再開を促した。
 双子が顔を見合わせた。黒コーナーに立つ成人男性のうち、組織の手駒はごく一部の者に限られている。この双子にしても。好きなように女を虐めて犯して、それで少なからぬ金をもらえるのならと、治験アルバイトよりも気楽な気持ちで出場してきたに過ぎない。
 そういった素人サディストだからこそのリアリティが興行を支えているのでもあるが。今のように、レフェリーストップが掛かったりすると、とたんに市民感覚を取り戻したりもしてしまう。
 はたして、これ以上に女を痛めつけてよいものかと、双子たちにためらいが生じていた。
 被虐の陶酔から醒めつつあった詩織は、ふたりの戸惑いを漠然と感じ取って――失望していた。しょせんは、サディストを気取った助平ども。そんな気分に陥ってしまった。
 被虐への渇仰を満たしてもらえると思っていた期待を裏切られて。詩織は向こう見ずなサディスティックな気分になってきた。
「う……あううう……」
 両手をマットに突いて、懸命に起き上がる――ように見せかけて。その実、ダメージと余力とを冷静に見極めていた。
 よろよろと立ち上がる途中で。無警戒に突っ立っている双子に猛然と襲いかかった。左の男の股間をアッパー気味に突き上げると同時に、右の男の股間には膝蹴りをぶち込んだ。
「うがああっ……!」
「…………!」
 二人とも股間を両手で押さえてマットに突っ伏した。
 このリョナファイトに限らず。男の反撃を引き出すために、あえて急所攻撃を仕掛けたことも、何度かあった。しかし詩織は、金的攻撃の限度をこれまでは(そして今も)知らなかった。渾身の一撃を叩き込めば、あるいは男を再起不能に追い込むのではないか。それを恐れて、形ばかりの攻撃に終始していた。
 しかし今は。参加者よりも経験豊富かもしれないレフェリーが場を仕切っている。ドクターも控えている。安心して本気になれた。
 マットの上で悶えている双子の背後へ回り込んで、詩織は容赦のない一撃をふたりの股間へ蹴り込んだ。
 双子は、ウンとも言わず悶絶してしまった。
 カンカンカンカン、カンカンカンカン!
 ゴングが乱打された。 
「ダブル・ブラックアウト! ブラッククロッチベルト・シホの勝利です!」
 悶絶した二人は担架で搬出されることもなくマットに伸びたままで、賞金額が集計される。
 詩織はスクリーンをみて目を瞬き、両手を眺めて指の本数を数えてから、あらためてスクリーンを見上げた。
 総額$103,050。トッププライズは実に$90,000。つまり、どこかの物好きが、詩織を一日だけ自由にするために、邦貨にして約一千万円を支払うとオファーしてきたのだ。もしかすると、歴代一位のオファーかもしれない――というのは、詩織の己惚れで。後でドンに尋ねたところ、過去の最高額は十三歳の三つ子姉妹で、三人まとめて約四十五万ドル。引退を表明した直後のアクション女優が約二十八万ドル。十万ドルクラスは十指に余るとのことだった。
 しかし、相場を超越した高額には違いなかった。しかも詩織は若い処女でもなければ有名人でもない。さすがに、観客がどよめいた。
「クレイジー」
「アンビリーヴァボォ」
「テンサウザンド!?」
 詩織は、驚くよりも恐慌にとらわれていた。最小限の安全は組織の力で保障されてはいるが……落札者は、詩織をどう扱うつもりなのか。想像もつかなかった。
 どよめきが、さらに大きくなった。観客の半数がひとつのVIP室を振り仰ぎ、残りは顔を真上に向けている。
 そのVIP室からは、白いシースルーのサマーワンピースに身を包んだ幼い少女が身を乗り出して、詩織に向かって手を振っていた。つまり、彼女がトップ・プライズオファラーなのだ。もちろん、その金は車椅子の老人から出るのだろうが、老人が、たとえば少女と絡ませるために詩織を『レンタル』するのではなく、少女が自分の意志で――老人に、途方もないおねだりをしたということになる。
 少女の思惑はわからないが、ひとつだけ明確になったことがある。彼女は、老人の単なる性玩具ではないということだ。
 いつしか、観客は静まって。詩織を注視していた。詩織の感じた恐慌と懸念は、観客も共有しているのだろう。
 しかし。ここでオファーを断われば、SOSの企画がつぶれることになるだろう――と、詩織は自分に言い訳をして。両手を上げたくらいでは追いつかないような気がしたので、派手なジェスチャーで、両手を使って少女に投げキスをした。
 アリーナが爆発した。
 レフェリーは、さらに観客をあおるような言葉は口にしなかった。
 最後に、敗者のネイキッドブラザーズへの賞金額が表示される。$4,020と$200。見舞金として百ドル程度をオファーした者が相当数いたということだ。最高額をオファーした者も、おそらく特権は行使しないだろう。
「最後に大番狂わせが起きましたが、喪章を着けるような事故もなく、ドミネーションファイト第十五ピリオドが終了致しました。S席ならびにA席のお客様は、VIPが退出されるまで、しばしお席に留まっていただきますよう、お願い申し上げます」
 リングの上で、昨日の会場時に演じられた四人の全裸ポールダンスが始まる。
 詩織は花道を引き揚げながら、くだんのVIP室を振り返った。老人と少女は、すでに退出していた。

========================================
9(m=eaAaGwObaaaa)(mh=RIPfLK0rZX6OosuG).jpg


 キャットファイト、リョナファイト、ドミネーションファイトに造詣の深い読者様には、ご満足いただけないのではないかと、懸念ではなく確信しております。
 [SMツアー]の5,6は、筆者の得意というより妄想剛球一直線ストライクのシチュエーションになりますので。などと、脱稿前から勝負を投げていてはいけません。ブラッククロッチベルト・シホこと村上詩織を見習って、最後まで頑張りましょう。

 さて、恒例のアイキャッチ画像ですが。黒帯(白帯でも)をフンドシに使うというのは、2次元では稀有でも存在しますが、実写となると辿り着けませんでした。微妙にイメージの似ている画像でお茶を濁しておきます。


女囚性務所 (EPISODE 1)ドンキーガール (EPISODE 2)

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

Progress Report 2:プライベート・リョナファイト




Progress Report 1 →

 今回は余話です。
 興行システムとして、観戦客が賞金をベットして、最高金額を提示した者には『回復可能な範囲で何をしてもいい』デートの権利を与え、その他の客には提示金額の10%(選手と興行主とで半々)だけを払わせる。
 米国でのお話ですから、カタカナ表記が中心です。
 賞金提供者→Google翻訳→prize winner
 これで書いていましたが、どうも違和感。
 prize winner →Google翻訳→受賞者 だよね。
 Google収束させると 勝者⇄winner になってしまいます。
 もうすこしで、カーチスP40の航続距離を3,700Kmにしてしまうところでした(一時期、Wikiにそう記されていました。ゼロ戦以上の航続距離です)。
 すなおに。pize offrere に一括置換は半座位かもしれません。

これもいい
 上の画像が、表紙絵の原画像として集めた中ではいちばんのお気に入りですが。
 本文中でもインディアン娘が革フンドシを奪われて後ろ手に縛られて、武器の棍棒を突っ込まれて、ボコリョナられるシーンがありますが。さて、どうしましょうか。
 リングとか観客のピンボケ遠景とかと合成するとパースが狂うので、いろいろ苦慮して、下の画像で背景無しとかも考えているところです。

これかな
 第一稿の前半も終わっていないのに、表紙絵をアレコレ考えるのは、時期尚早ではありますね




テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

PLOT公開: 最後の欠片


突撃! 戦車娘成層圏の飛燕~海女翔けるときウルフパック(群狼)陸軍女子三等兵強制全裸突撃~玉砕の南洋に咲く大輪の被虐花ヒロイン戦記短編集非国民の烙淫:前編(強制露出と娼婦教育)非国民の烙淫:後編(母娘への凄惨な拷問)無限の幻夢~被虐異世界遍歴の果てに濠門長恭初期作品集
上の画像は、DLsiteでの筆者個別作品へのアフィリエイトリンクです。『戦争』が絡んだ作品をまとめてみました。


◇(跡継とかの事情で)男として戸籍登録された娘。
 全裸徴兵検査。入営。性的しごき。
半裸乾布摩擦(小4)
戦時中ってだけで、あまり関係のない画像ですが。心身鍛錬とかなんとか理屈をつけて、少女を裸に引ん剝くという現実は素敵です。だからといって、戦時中にタイムスリップしてみたいなんて、まったく思いま千家共。

◇亡国の王女
 元家臣をひきいて潜伏。兵力を集める。
 アジトを急襲されて壊滅。
 傀儡の女王にと。
 拒絶。拷問。
 土壇場で(敵が納得するくらい耐えてから)承諾するつもり。
 そして……どないしょ?


◇性同一性障害の治療
 女には、オンナとしての快感を徹底的に叩き込む。
 快感責め、支配される悦び=マゾ馴致
 男には、オンナとして扱われる屈辱を叩き込む。
 (オンナなんて、もう厭だ!)


 どれもこれも、思い付きのメモですが、膨らませたりくっつけたりしたらPLOTに育つかもしれないという意味で、PLOT公開のカテゴリにしておきます。これで、手持ちのPLOTネタは種切れです。
 まあ。2019年いっぱいは『SMツアー』で手一杯ですし。『赤い本と白い花』とか『昭和集団就辱史シリーズ』もあるし。2020年まではここで公開してきたPLOTの出番はないでしょう。
 それに、作品として仕上がるのは、新ネタを思いついて一気に膨らんで――というパターンが多いです。手持ちネタも、一度は書きかけてまとまらなくてPendingてのばかり。今後は、目の前にニンジンがぶら下がってて尻を月刊の鞭で叩かれてますから、ぬわにがぬわんでもENDまで持ち込みます。
 書き上げたときには不完全不満足に思えても、だんだん佳作秀作に見えてくるものです。そして、執筆中の作品は、その水準に届いていないと――それが事実だとしたら、書けば書くほど下手クソになっていってるってことですから。まさか、ですよねえ??


下は、FANZAのアフィリンクです。キーワードは『SM』

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

progress Report 1 : プライベート・リョナファイト



 [SMツアー]シリーズ EPISDE 4 です。
 何故に「プライベートかというと、PLOTの「4:私闘」をご覧ください。
 では、恒例のPLOT一気公開です。


========================================
1:観戦/視察
アリーナ貸し切り。金曜午前中に設営。
壁面すべてに大型ディスプレイ。天井にも。
マネージャー室で観戦。アリーナの5面ディスプレイ+観客席監視カメラ。
対戦を交えてシステムの説明。
VIPルームは観客席から見える範囲しかモニターしていない。
老人と少女。興味を示す詩織にマネージャー解説。
老人は、全米各地の興行で、年に何回か。少女は初めて。
VIP通路を通る老人の映像。昔ながらの車椅子を少女が押している。タフガイ・ボディガード2人が前後を固める。

対戦は45分刻み。試合の合間に各種のショー。は、誰も見ていない?
U18白人処女 VS 熟女白人レスラー
ピーカブー      正統的女子プロレスコスチューム
 処女も格闘技の経験あり。善戦するも、押さえ込まれて性感責めでアクメ負け。
 チップは25,000 vs 5,000
白人美少年(U15) VS ボディビル黒人女(そっくりディルドでもっこり)
ジョックストラップ     ビキニショーツ
 どっちもパイパン。
 少年ボクシングの現役。ベアナックル。前半は一方的な試合展開。1ラウンド3分に慣れていて、後半スタミナ切れ。
 一気に攻められて。さらにそっくりディルドでアナル陵辱。手コキ強制発射。
 戦意喪失でも試合続行。ゴングまでズタボロにされる。担架で退場。
 チップは12,000 vs 4,000
U15インディアン少女(処女) VS 白人マッチョマン
皮ふんどし+羽根飾り/戦化粧     星条旗タイツ
 少女は棍棒許可。
 棍棒の打撃をものともせず、最初から最後まで責める。失神を判定されず、リングロープに大の字磔でアナル陵辱。
 チップは22,000 vs 500
成人アマレスラー  VS 元プロボクサー
シングレットのボディペ  ノーマルなボクサースタイル。6オンスグローブ。
 女が技を極めても平然。顔は殴らず、乳フック腹ストレート股間キック。
 倒れても蹴り続ける。レフェリーストップ。担架で退場。
 チップは10,500 vs 12,000
 男になにをさせるつもりか。
ホテルでレポート。
格闘技の心得がないと、一方的に責められる。
あればあったで、強い相手が選ばれる。
性務所よりもリスク大きい。

2:対戦/体験
詩織は控室。小さなディスプレイで観戦。
U15インディアン少女(素手) VS ボディビル黒人女
全裸戦化粧+足鎖           全裸3点リング▽鎖+二の腕拘束
 どっちも、まともに戦えない。双方流血。
 マジ激戦でインディアン少女の勝ち。
 チップは9,500 vs 3,500
 インディアン少女は「2発目」で安くなってる。
元モデルアジアンハーフ熟女 VS 熟女白人レスラー
透け透けドレス(パイパン)    正統的女子プロレスコスチューム(昨夜の色違い)
 元モデル(名を知られてる)はカラテの心得。鳩尾に正拳一撃轟沈。レフェリー認めず。
 元モデル、ドレスを脱ぎ捨てて。ふらふら起き上がった相手に飛び膝蹴り。また轟沈。
 三撃目は首筋に手刀。
 レフェリー、苦笑しながら元モデルの勝利を宣言。
 チップは23,000 vs 3,700 どよめき。
スターレット(19) VS 黒人タフガイ
レオタード         もっこりタイツ
 スターレットは素人。プロレス技のオンパレードで悲鳴。
 グレープフルーツ・クロー、ヴァギナ・クロー、コブラツイスト、キャメルクラッチ。
 ロメロ・スペシャル、ラフレシア・ホールド(グラビア固め)でサービス。
 最後はツームストーン・ドライバーでイラマチオ。されてる間は痛めつけられないので、スターレットも逆らわない。
 チップは33,000 vs 3,700(純粋のおひねり)
詩織     VS 前座レスラーのタッグ
帯フンドシ柔道着  パンクラチオン
 最初から最後までやられっぱなし。リング上でOV剛姦。
 チップは103,000 vs 0本日の最高と最低。(タッグ、頭を抱えてへたり込む)
 VIP席で少女が手を振る。どよめき。

3:娼談
翌日。一流ホテルのエグゼクティブラウンジに招かれる。少女とボディガード2人。
貸し切りのジムで、わたしと本気で対戦して。
レフェリーストップのみ。レフェリーはお祖父様。
父は政略結婚を嫌って母と駆け落ち。病没。最高の医療を受けていれば助かった。
少女の弟が株式を含む遺産の51%、少女が10%、残りは寄付。
少女も実の孫だが、息子を寝取った性悪女と二重映しで、祖父に肉親の情はない。憎悪と愛欲のせめぎあい。
すでに全バージンを祖父に捧げている。
喜んで股を開くと母親と同じだなどと言われそうなので、抵抗して暴力で。
ここ、カットバックしましょうかしら。するとしても、抑制した一人称?
一年前に軽い脳梗塞。車椅子生活。勃起不全。
純粋に、お爺様のために。
わざわざ私を連れて行ったのは、暗黙の強制でもある。

4:私闘
ボディガードも締め出しての対戦。
詩織は、同じエロ柔道着。
少女は、白の競泳水着。半透けでパイパン。汗で全透けになる。
意外と少女は強い。柔道の心得。着衣の分だけ詩織が不利なほど。
腹パンと股間キックで優位に。水着を破って全裸に。老人に正対しての恥辱技連発。
リングロープ強制綱渡り。逆キャメルクラッチからボーリングクロー。
帯フンドシは解いて。ヒッププレスと性感責めで悶絶。
老人、車いすから立ち上がって。リングから転げ落ちた孫娘に歩み寄る。股間フル勃起。
  「総統! 私は歩けます!」 やらかそうかな?
「可愛い孫娘を甚振ってくれた報いを味わわせてやる」ますますムックムク。
最初からそのつもり。
ボディガードを呼び入れて、1対1の対戦。
後ろ手錠。完全リョナ。
ボディガードは、滅茶強い。むしろ、手錠を憐れんで手加減してくれている。
詩織がボコられるのを見ながら、老人は意識を回復した孫娘に首輪&後ろ手錠。車椅子に乗せて、観戦強制。
詩織はリング上で犯されて。
2人目のボディガードは真性サディスト。
サンドバッグ代わりに吊るして。乳房を縛って、M字開脚させた膝に結ぶ。
ボールギャグと目隠し。
腹パン、股間膝蹴り、乳房ジャブ。
老人、孫娘を立たせて、拘束のまま別室へ。

5:巡業
いつか、必ずお姉様を負かしてみせる!
専属にはなりたくない。
それなら、ミックスマッチに出続けて。気が向いたら高額で競り落としてあげる。
ビザの問題。
ESTAで90日。その間に高山社長の元勤務先の大手旅行代理店のアメリカ支店の現地添乗員に採用してもらって、就労ビザ。
その実、SMTの「隠れ裏社員」。アメリカでのSOS現地案内人。
それとも。90日以前に大怪我で引退か。1回で1千万円は例外としても、一生(つつましくなら)暮らせる金が手にはいる?
なにより。理想の被虐生活。
☆リングネーム
詩織 Mature judo masonna : shiho
その他は、書きながら考える。ピンキー・モモとアツタ・ズイセイは駄目ですよ。

<<<<<<<<<<以下、プロット・フィニッシュホールド(あのな)以前のメモ。>>>>>>>>>>
月に一度の巡回興行(金曜と土曜の夜)
入場料:かぶりつき(5人×4辺×3段=60人)$2,000 一般席(500人)$1,000 VIPルーム(全12室)$10,000
$2,000×50人+$1,000×300人×$10,000×10室=$500,000の興行収入(一夜)
全席フリードリンク VIPルームはバニー付添
会場は地方の体育館とかがメイン。金曜と土曜の貸し切り。突貫設営&撤収。
壁面と天井の5面は、巨大ミラー(実際にはディスプレイ)。
4~5試合
30分1本勝負。ギブアップ無し。失神(審判が判定)まで。
スマホチップ。実際には、観客は自身のスマホを預けて専用の端末を借りる。
勝敗に関係なく一方の選手に。$20は義務。
対戦料:成人男子$500。その他$1,0000。男女とも顔出し。
チップで$20を超えた分は、その5%が主催者、5%が対戦者。$1,000のベットで$882は戻る。
ただし、対戦者ごとに最高額オファーは主催者が10%、残りは対戦者。最高額者はHNアナウンス。本人が立つ立たないは自由。
最高額ベット者は、チップをオファーした選手を指定した1日間、自由にできる。
ただし、処女膜以外は原状回復可能な範囲で。流出はマフィアあたりでExecute。
[一例]
男:$  500+$20× 50人=$1,500
女:$1,000+$20×350人=$8,000
もしも、30人が平均して$1,000のチップをオファーすれば、ボーナスが$(1,000-20)×5%×30人=$1,470
さらに、最高額$2,000なら、$(2,000-20)×90%=$1,780
$8,000+$1,470+$1,780=$11,250
これで、半殺し2回は安いか高いか。
人気ロリ選手なら、100人が平均して$2,000のオファーで$9,900
最高額が$3,000なら $8,000+$9,900+$2,680>$20,000
ああ、ファイトマネーが成人男子と「それ以外」に区分されてるのは、少年とか男の娘とが出場するからです。
deicated to フローレンス・ヒューズ  フロル・ブレイカー

========================================
ミックスリョナファイト

 最後の「フロル・ブレイカー」て誰なんでしょ?
 4章の孫娘は、そこそこ格闘技を使えるし、お爺様にみずから進んで光速隷婦゚されたのが1年以上前の設定なので、あと2年もすれば金津園で働けるくらいの年齢を想定していますから、フローレンスよりは歳上ですね。でも、あの気の強い少女は大好きです。ニルチッイと甲乙つけがたいです。
 でも、少年漫画誌の限界。吊るして射撃の的にされてるときも服を着ていましたし。何日も飲まず食わずの目にあわされてたってことは、ずっと縛られてたんでしょうが、それにしては、衣服が(とくにズボン)が綺麗です。流体力学でいうところの連続の法則で、上から入れなければ下から出ないんでしょうかね。
 他作品のお話は、措いといて。


 今回の設定で苦心したのは『未性熟処女の強制足入れ婚』で描いた闇ファイトとの差別化でした。
 あっちが、日本の裏社会を仕切る大物なら、こっちは全米マフィアです。
 いちおう、長い歴史を誇る犯罪組織ですから、組織にたてつかない弱者まで殺したりはしません。
 これが、CとかK(イニシャルに留めておいたほうが無難な気がします。とくに、こんなご時勢ですし、なんでもかんでも異茶問をつけてくるKとかね)の組織となると、リョナファイトどころかスナッフファイトまで興行するんですが、濠門長恭クンの小説では、ヒロインは孫に囲まれて天寿を全うするのが、いちおうの原則です。電子出版登録したばかり(11/1発売)の『火竜と翔けたアクメの空』のヒロインは、1925-2017ですから。
 またも脱線。
 今回は、個々の試合の展開おろか、出場者のリングネームまで、書きながら考えていくというバアターリブツケホンバーンでいきます。


 メモの最後のほうで書いてるリングネームは、『未成熟処女の強制足入れ婚』で使ったものです。
 ピンキー・モモはヒロイン。名前の由来は、わかりきっていますよね。
 アツタ・ズイセイは、対戦相手。これ、第二次大戦中(の頃)の、航空機用エンジンです。熱田と瑞星。
 筆者は、こういう遊びが好きなのです。
 今作でも、ヒロインのリングネームを、SHIORIのアナグラムでOSHIRIにしかけて……さすがに思いとどまりました。

 あと、わかりにくい(かもしれない)部分を解説しておきましょう。
「総統! 私は歩けます!」は、まんま検索してください。
この映画、DVD持ってます。コメディ満載の人類滅亡反戦反核物語です。さすが、スタンリー・キューブリックです。ピーター・オトゥールです。
 空軍基地に軟禁されて、司令官の発狂を大統領に伝えようとして、公衆電話を使おうとしたら、オペレーターに払いを要求されて、小銭が足りない。ピーター・オトゥールを捕らえに来たMPだっけ、そばにあるコーラの自販機を銃で射てと。
「それが、納税者への義務だ!」
「損害賠償が来ても知らんぞ」
 コイン投入口あたりをズドン。お釣り用の小銭がジャラジャラ。それを拾おうとしたら、吹き出したコーラが顔面直撃。
 いざB52から核爆弾を投下しようとしたら、爆弾倉が故障。コング機長がミサイルにまたがって、回路を修理。ハッチが開いて、そのまま爆弾投下。ロデオさながらに「ヒャッホオオオオ……」
 とにかく、一見をお勧めします。


 つぎ。ボーリング・クロー。ボーリングの球の穴は(ふつう)三つですが。二つのもあります。片方の穴は親指、もうひとつは中指ですが、リョナ技としては、人差し指と薬指も挿れるんでしょうね。

女囚性務所 (EPISODE 1)ドンキーガール (EPISODE 2)未性熟処女の強制足入れ婚淫乱処女のエロエロ・デビュー縄と鞭の体育補習ママと歩む Slave Road姪奴と甥奴(前編)~繁殖奴隷にされる姉と男の娘に改造される弟姪奴と甥奴(後編)~繁殖奴隷にされる姉と男の娘に改造される弟Family SM Triangle (総集編)いじめられっ娘二重唱(前編)いじめられっ娘二重唱(後編)陸軍女子三等兵強制全裸突撃~玉砕の南洋に咲く大輪の被虐花突撃! 戦車娘成層圏の飛燕~海女翔けるとき非国民の烙淫:前編(強制露出と娼婦教育)非国民の烙淫:後編(母娘への凄惨な拷問)僕はパパの牝奴隷僕の痛セクスアリス


テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

PLOT公開:20 母娘+父もの




 今回はPLOTにまで成長していないPLOTの種ですが。も、在庫一掃処分ということで。

◇母親が娘に嗜虐心を抱いて
 夜毎の緊縛レズ
 パイパン&褌なら恥ずかしくて男に裸を見せられないだろう
 家では全裸強制
 いずれは強制売春


◇継母にあてつけて、父を誘惑(?)
 お風呂。もう子供じゃないといわれて、オトナ同士ではいってるでしょ。
 子供になればいいのねと、剃毛。
 もともと娘が狙いのバイ継母。
 隠し撮りで編集『パパ大好きだよ』部屋でのオナニーまで。
 慰謝料ふんだくって、パパは会社いられなくなって家庭崩壊。
 これからはママの命令に逆らわないのよ。
 男の怖さをおしえてあげると、3穴同時。五人×2~3回。
 放心した娘をクンニで消毒手当て。
 SMも体験させる。
 膣収縮剤で性交痛を維持。愛撫も乱暴に。
 解放直前に女性バイアグラ。継母の愛撫&クンニで条件づけられる。

パパとお風呂
 父親(継父、伯父・叔父などを含む)との入浴は、それなりに書いていますね。
『偽りの殉難』は家を乗っ取った叔父に強制されて、表向きは積極的に誘惑までしてます。
『大正弄瞞』は継母の兄や、その息子。
『非国民の烙淫』では、伯父に強制されて。
『姪奴と甥奴』も伯父に強制されて。ソープ技まで仕込まれます。
チョロッとだけですが、『強制入院マゾ馴致』が継父です。
 どれも厭々です。
 悦んで入ればロリマゾ(いや、『強制入院』はロリマゾ4ですが、この作品が後からロリマゾに無理矢理挿れた[痛い!]ので)になります。
 しかし見事に、実の父親というのがありません。妄想と現実との峻別です。というのは『Family SM Triangle』でBreakthroughですが。



 濠門長恭クンではない筆者(つまりリアル個人)は、娘が5年のときまで一緒に風呂に入っていました。さすがに高射砲は反応しませんでした。それにつけても惜しいのはJunior-high 1年の冬でした。冬至の柚子湯。一番に入りたがりましたが、そこは家長の権威で譲りません。すると、一緒に入ると言い出しました。ところがLogger、当日は部活で帰宅が予定より遅れて。息子が早く入りたいと言い出したんだっけ。ともかく、ひとりで入ってしまったのです!!!!!!!
Voyage dose not stand before !!

いじめられっ娘二重唱(前編)いじめられっ娘二重唱(後編)Family SM Triangle (総集編)淫乱処女のエロエロ・デビュー縄と鞭の体育補習未性熟処女の強制足入れ婚無限の幻夢~被虐異世界遍歴の果てに大正弄瞞~義理の伯父と継母と異母兄に三穴淫虐調教される箱入り娘

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

『いじめられっ娘二重唱(後編)』 発売開始

 ロリマゾ・シリーズの集大成にして、当面の最終編、2019/08/01一斉発売!です。BOOTHでは、もう売っていますが。
 下の画像は、本作品のDLsite販売ページへの直リンク(アフィリエイト)です。

いじめられっ娘二重唱(後編)
  
 U15/被虐願望/ヒロイン一人称
 この縛りで続けてきた連作(という意識はありませんけど)。
 けっこう、着想後に書き始めて頓挫して、電子出版の売れ行きに励まされて書き直したというのも多いのです。

 たとえばロリマゾ1『淫乱処女のエロエロ・デビュー』は、2013年にPLOTをまとめて、2015年に脱稿。電子出版まで眠っていました。
 ロリマゾ4『強制入院マゾ馴致』なんか、2010年にPLOTをまとめて、書き始めたものの頓挫して、電子出版の売れ行きに鼓舞されて、脱稿は2018年です。まあ、元々はロリマゾではなかったのですが、ヒロイン一人称で書き直して、進学して1年生なら、誕生日の設定如何ではU15だねと。だから、唯一ヒロインが義務教育終了後の設定なのです。
 着想即執筆は『ママと歩む Slave Road』、『Family SM Triangle』と、番外編『僕はパパの牝奴隷』だけです。
 今回リリースの作品にしても。着想は2010年。書き直したりお蔵入りのあいだに『縄と鞭の体育補習』を、本作を下敷きにした全裸運動会を書き込んで先に仕上げて、フランス2次落ちして。今回は、それと矛盾しないようシンクロさせました。
 つまり。ぶっちゃけていえば。さんざんに遊び倒したロリマゾ・シリーズです。


 が、予告通り。当面は打ち止めです。
 ヒロイン一人称とはいうものの。基本文体は、新井素子のデビュー当時の語り口です。そこに、高千穂遥の『ダーティペア』も混じっています。武宮恵子の『風と木の詩』とか萩尾望都の『ポーの一族』にも影響されているかも。
 まあ。今となっては古典ですし。読みかじりの今時ギャルのしゃべくり言葉を混ぜたりすると、かえってブチ壊れますし。星新一の無機質中立文体と同じとまではいいませんが、古典的『今風』語り口ではないかと。
 いや。自画自賛自慰手淫を掻きたいのではなく。
 野波恒夫時代から連綿と培ってきた文体が悪いほうに歪んできていると、そんな不安があって。
 当分は、三人称に復帰するという。しかし、ヒロイン視点は、我が裡なるアニマの赴くまま。
 すみませんね。ウヰスキーポケット壜+缶チューハイで、ラリルレラリルレロリロリロ。
 ダイエットを意識して、白飯抑制して「チーズアーモンド」527Kcal食ってりゃ、世話ない。てか、527Kcalは100gあたりで、内容量は16枚。つまり、電子秤でも持ってこないと、摂取カロリーがわからん。これも、一種の詐欺じゃ。

 ええ。脱線しすぎましたね。
 したがって。アルコールが抜けるまで運休です。

 では、皆さま。おやすみなさい。

0e56f5f4.jpg
 おはようございます。@2019/08/01 05:00
 冒頭にアフィリンクの画像を貼りました。


テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

プロフィール

濠門長恭

Author:濠門長恭
S70%+M80%=150%
高々度の変態非行が可能です!

鬼畜と変態と物好きと暇人の合計 (2018.01.01~)
検索フォーム
コメント投稿の仕方
複数記事を表示したデフォルトの状態ではコメントを投稿できません。 投稿したい記事のタイトルをクリックして個別表示させると最下段に投稿欄が表示されます。
濠門長恭作品販売サイト
リンク L I N K りんく
ブロとも一覧
カテゴリ
最新記事
最新コメント
濠門長恭への連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR