お気に入りの写真(Pony girl 1)

 筆者の愛して已まないジャンルにポニー・ガールがあります。
 おっと、外国語のカタカナ表記を黒丸(・)で区切るのは昭和テイストらしいですね。ヤフッてみますと、二語は続けるが三語以上は区切るとか、規則性もあるらしいです。
 では、バブル以後の時代を舞台にするときは区切らずに、「昭和ノスタルジー」とか戦前は区切るとか、使い分けてみましょうか。江戸時代? そりゃ、漢字表記ですよ。ポニーガールは仔馬娘、ボールギャグは玉猿轡、リモコンバイブは遠隔電動張形……て、そんなモン、まだあるか!
 ミジップ(舵戻せ)!


 ポニーガールは、大別して下の画像に分かれます。
文字通りだけど
正統派

 直乗りするか、駕(軽二輪車)を曳かせるか。まあ、駄馬や驢馬とかにリヤカーを引かせるのもありですね。うん、牡馬はこれが似合うでしょう。

使役犬


 参考:『ドンキーガール


 リヤカーはともかくとして。直乗りというのは、牝馬よりも乗り手のほうが大きかったりするので『絵』になりません。むくつけき牡馬を見少女が乗り回すというのは――今のところ守備範囲外です。
 それはともかく(この言葉、安直に頻繁に使っているなあ)小説としては、四つん這いよりも肩車のほうがサマになります。

 これまで何度か書きましたが、検索でも引っ掛からない昔のSM小説。
 南米に農業移民して経営に失敗して、大農園で奴隷として使役される多数の日本人。使役馬はもちろん、乗馬にもされます。褒美にも罰にも使える「風船」を股間(と婉曲表現)に挿入されます。新米奴隷一家の娘が、つまり生理以前で……
「お嬢ちゃんには大きいかな?」なんて。
 これも筆者のSMの原点のひとつです。

 というのも、さておいて。
 駕を曳かせるにしても、道具建てが大切です。すくなくとも筆者の感覚では、両手が自由なのは言語道断横断歩道。最低でも、曳棒に拘束です。できるなら、両手は縛るか枷かにして、胴体もしくは「もう少し下」で曳かせるべきですね。


ハーネスも大事
牽引装置


 しかし、駕を曳くのはハレにあたります。日常のトレーニングも大切です。
 トロットというのは、右前脚と右後脚、左前脚と左後脚を同時に踏み出す歩行(速足)様式です。ふつうの競馬では、右前脚を左後脚の運びがシンクロしています。トロットは繋駕レースです。どうしてもトロットを覚えない馬が、レースで乗り手を振り落として、なんと自発的にトロットを始める。そんな米国モノクロTVドラマが記憶の片隅にあります。
 いや、何を言いたいかというと。ポニーガールの場合、トロットに相当するのは、太腿を水平まで蹴り上げる歩き方ではないか。そういう話です。ついでに、腿に長い棒を固定して棒の先端が股間に突き刺さっている――というのは、『ドンキーガール』では扱っていません。

日常風景


 それ以前の『未性熟処女の強制足入れ婚』で、婚姻には両親の承諾が必要な年齢の花嫁に装着させてバージンロードを歩かせましたっけ? いや、挙式後の披露宴でしたね。




 ポニーガールをエピソードではなく主旋律として扱うなら、日常生活も描写すべきです。


SM_ポニー馬房睡眠

 まあ、この画像は馬の特性を無視しているので、イマイチではありますが。
 馬は寝るときも立ったままです。人間の女は自力では無理でしょうから、木馬に乗せるとかの工夫は必要です。拙作『ドンキーガール』では、そこらもキッチリ描いています。売れ行き芳しくないから、必死で宣伝。


 ……と、ここまで書いてきて。しょせんポニーガールはお遊びだと思わないでもありません。
 だって、競馬を考えてごらんなさい。
 生理前の娘が、いろいろとハーネスを装着されて、人間を乗せることを覚えさせられます。このトレーニングは、そのものズバリ「馴致」と呼ばれています。
 そして、いよいよ新馬戦。満2歳。乙女です。JC3~JS1です。それが、ごついハーネスを装着されてギャグ(馬銜)噛まされて、お転婆娘は目隠しまでされて、鞭でビシバシ叩かれながら走るのです。弄瞞です。これで萌えなければ、貴方にサディストを名乗る資格はありません。貴女にマゾ牝の資質はありません。いえ、人間年齢U16ならマゾ美少年もオッケーです。見目麗しいサディスチンは、乗り手に感情移入してください。

 今回のポニー講座は、ここまで!

テーマ : 今夜のおかず
ジャンル : アダルト

Progress Report 5:幼な妻甘々調教

 なかなか進みません。
 (物語中で)新居に引っ越してから、せっかくプレハブの拷問蔵を作ったんだし、SM愛好会のメンバーにも新妻を貸し出す予定とか、最初のほうで書いていますし。急遽、そのシーケンスを追加したり。
 まあ、3/4は過ぎて、駆け足にならずに&だれずに&(濠門長恭作品全体で)新規な責めも案出して――8月いっぱいはかからないでしょう。
 今回は、花電車特訓のシーケンスなど。
 ほんと、筆者はこれが好きですね。『ピンク海女(海女被虐花)』でも、『大正弄瞞』でも、『ママと歩むSlave Road』でも、書いています。他にもあったかも。


rbd881-09.jpg

========================================

花電車芸

 週が明けると、睦菜の花電車芸の特訓が始まった。
 水曜の朝に家を出て、その日のうちに谺(こだま)日花里(ひかり)の巡業先まで行き、同じ宿に泊まって深夜に教わる。翌日は、十時から昼まで教わり、楽屋へもついて行って、ストリップ芸の見学をしながら、ストリップ嬢の使い走りにも使われる。日花里の気が向けば(というか、他のストリップ嬢がけしかければ)、楽屋でも特訓を受けて。小屋がはねた深夜に、また教わる。
 金曜は、朝の教授を受けてから帰途に就く。
 五年前に東京から新大阪まで新幹線が通って、日本もずいぶんと狭くなった。北陸や九州となると、旅客機だが。
 睦菜ひとりきりの旅路といえども、服装を甘やかしたりはしない。ノーブラノーパンで、素肌にまとうのは股下三センチまでのミニスカートか、パンティよりも面積の少ないショートパンツ。上は臍の上で裾を結んでボタンをはずたしたブラウス。秋だから長袖は許したが、破廉恥きわまりないファッションに変わりはない。しかし、隠すところは隠しているから、警官だろうが車掌だろうが、文句はつけられない。
 未成年と疑われて補導される懸念にも手は打ってある。簡単な筆記試験だけで取れる原付自転車の免許証と、戸籍謄本とを持たせてある。これで、外見がどんなに幼くても、睦菜は法律上の成年と証明できる。
 睦菜は、せめて菊枝の付き添いを懇願したが、可愛い子には旅をさせよ、だ。しかし、睦菜が不安がるのも無理はなかった。菊枝に付き添われて原付の試験を受けに行ったときなど、菊枝も似たような服装だったから、電車の中どころか試験場でさえもふたり揃って置換の餌食にされた。
「おまえに触らせるために尻を出してるんじゃねえよっ。アメリカはフロリダで流行中の最新モードでい。触りたけりゃ、金髪で青い目になってから出直しやがれ」
 まわりからたしなめられたのは菊枝のほうだったが、置換は退散したし、試験官も苦笑いしただけで済んだのだが。睦菜には、啖呵を切るだけの度胸は無い。
 とはいえ。サディズムやエキシビジョニズムの風雅を解さない馬の骨に睦菜を穢されるのも面白くない。そこで一計を案じた――というのは厳密には嘘で。とっくに、睦菜の独り歩きのための貞操帯を用意してあった。
 睦菜の趣味(レザークラフト)を活かして自身の拘束具を手作りさせる計画も実行に移しているところだが、財布やアクセサリーとは皮革の厚さが違うので手こずっている。金属環を備えた手枷と足枷とがあれば、鬱血や縄擦れの心配もなく、丸一日でもベッドに(でも、裏庭の地べたにでも)磔にしておけるのだが、それは早くても来春以降になりそうだった。
 だから、貞操帯は僕が作ってやった。
 腰のずっと下、恥丘を横切る高さで太い鎖を巻いて南京錠で閉じて、その鎖につないだ細めの鎖二本を後ろから前へ、胯間を通して南京錠でまとめる。こうしておけば、淫唇を触られるのがせいぜいで、指といえども挿入は不可能だ。小用くらいは足せるし、(下痢とかの)緊急事態にも、対応は不可能ではない。
 股の鎖を二本にしたのは、左右の負荷を均等にして、南京錠をまっすぐに落ち着かせるためだ。
 貞操帯の鍵は、僕と日花里だけが持っている。だから、鎖にどれだけ胯間を刺激されても、睦菜自身にはどうにもできない。列車のトイレにこもってクリトリスを自分で慰めるなり虐めるなりは出来るだろうが、睦菜は決してそんな真似はしないだろうと、僕は確信している。

 水曜の朝はいつもの通りに、超ミニスカートと裾結びブラウス姿の新妻に家の前の道路まで見送らせて、バス停へと向かった。いつもと違うのは、すでに鎖の貞操帯で胯間を締め付けていることだった。このままの姿で、睦菜はバスと電車と新幹線を乗り継ぎ最後だけはタクシーで、日花里が出演しているストリップ劇場へ向かうのだ。
 それと、もう一点。睦菜の髪形が変わっている。本人は菊枝のおとなっぽいショートヘアを真似たがっていたのだが、僕が許さなかった。睦菜が菊枝に懐くのを嫉妬したわけではない。それだけレズを仕込みやすくなるというものだ(ろうか?)。そうではなく、三つ編みお下げは、睦菜の年代でしか似合わないからだ。
 睦菜は昨日美容院へ行って、セミロングにしてきた。破廉恥な服装で、破廉恥な鎖を股間に食い込ませて、独りで無茶修行に出る勇気への褒美だ。ただし、幼い雰囲気を留めさせるために、お下げではないが、両側で髪を赤いリボンに括らせている。たしか、ツインテールとかいう、滅多に見かけない髪形だ。
――僕が夜に帰ってきたとき、家には誰もいない。菊枝も、三か月ぶりに羽根を伸ばしている。といっても、一夜だけのアバンチュールなど、男のナンパより遥かに難しいから、昔のネコを呼び出すか、あるいは男に対してはマゾだから、そちら方面の会員制バーを探訪して、ちやほや(と、びしばし)されるか。病気さえ持ち帰らなければ、僕の関知するところではない。
 そして僕はといえば。無任所課長というのは、帳簿に記載できないような費用が発生する場面のすべてに係わる役職でもある。ヤクザや総会屋との付き合いもあれば、闇ドル(三百六十円の公定レートに対して買四百以上、売三百以下)の仲介もある。不渡を出した経営者の細君や娘に高給の仕事を紹介することもある。睦菜のようなシンデレラ物語は盲亀の浮木もいいところだが。しかしヤクザの口利きよりは、銀行も本人も得をする。
 つまり、夜を独り寂しく持て余す暇などなかったということだ。というか。この三か月、睦菜にかまけていてドブが詰まり気味になっていたから、大車輪の力業を連発しなければならなかった。具体的な内容をここに書くのは――消されたくないので控えておくが。

 金曜日は、外で軽く食事をしてから帰宅した。団欒を挟まずに睦菜を絞りあげるためだ。
「お帰りなさいませ」
 睦菜と菊枝が玄関口で三つ指を突いて出迎える。菊枝は乳房を露出したブラジャーとバタフライを着けて、(割烹着は改めて)胸当付きエプロン。睦菜は素裸に短い腰エプロン。
 リビングで睦菜に手伝わせて、背広を脱いでネル生地のシャツと替えズボンに着替える。
「特訓の成果を見せてもらおうか」
 ソファに収まって、できるだけ楽しそうに命令する。実のところ、日花里から電話でつぶさに報告を受けているのだが、しかし百聞は一見に如かずというものだ。
「では……拙いながら、お目を穢させていただきます」
 口上も仕込まれている。
 睦菜はフローリングの上に新聞紙を敷いて、幅三十センチ強×長さ一メートル超の習字用の紙を広げた。横に長方形の刺身皿を置いて墨汁を注ぐ。
 なるほど――である。習字は、定番中の定番だ。綺麗な字を書くのは難しいが、むしろたどたどしいほうがエロいと僕は思う。
 睦菜が、大きな筆を刺身皿の横に並べた。
「まだまだ未熟で、ふつうの筆はうまく持てません。専用のお道具を使います」
 太い筆だ。軸は竹ではなく、木の棒を削って団子を連ねたような形になっている。これなら、抜ける心配がない。
 睦菜は立ち上がって脚を開くと、股間を僕に向かって突き出しながら筆を挿入した。和式便所にしゃがむ格好で筆に墨を含ませる。習字用紙を跨いで腰を落とす。腰を前後左右にくねらせて一文字を書き、後ろに下がって次の文字を書く。両手は腰に当てているが――文字通りに手持無沙汰だ。本番では、いっそ緊縛して、準備万端は僕が調えてやろうかと思案した。むしろそのほうが、僕がそばに付いていてやれば、睦菜も心強いのではないだろうか。
 演出を考えているうちにも、拙い文字が完成した。
 おまんこ
 これも定番。しかし、これだけでは一幕の演し物にはならない。観客からリクエストを受けて難しい漢字(薔薇とか鬱勃とか)を達筆で書けば、それはそれで見栄えするのだろうが。三か月で、そこまで到達するのは無理だろう。花電車とはいうが、睦菜は「どんな接待でも頑張る」と言った。いっそのこと『いっぱつ千円』とでも書かせてやろうか。チョンの間よりも安いが、それを睦菜に教えてやれば――ロハで抱かれるよりもいっそうの恥辱を味わうだろう。
「お粗末さまでした」
 睦菜が筆を抜いて正座した。
「見ている側としては、そういう卑猥な筆のほうが面白いな。細い筆はもっと難しいのだろうが……」
「来週は、漢字も練習します。それと……普通の筆にも、だんだんと慣れるようにします」
「うん。頑張れよ」
 なんだ、これだけか――というニュアンスを含んで、おざなりに励ましておく。いっそ、細い筆をアヌスに咥えさせての二刀流も面白そうだと、頭の中では考えている。
「それと……これは誰にでも出来るから芸とはいえないと、お師匠様もおっしゃっていたのですけれど」
 睦菜は書道の道具を片付けて、大きな木製の汽車をリビングの端に置いた。用事が乗ったり引いたりして遊ぶ玩具だ。後ろに二両の無蓋貨車を連結している。冷蔵庫からビール瓶を持って来て、貨車に載せる。もう一両のほうには、コップと栓抜。
 汽車の前につながれている引き紐に目玉クリップを結びつけて――それで、クリトリスを挟んだ。
「ポッポー。痛い痛い痛い……ポッポー」
 後ろ向きになって汽車を引っ張り始めたが、引き紐がピンと張っただけで、動き出さない。
「くうう……ポッポー」
 さすがに委縮しているクリトリスが、昂奮したときよりもずっと長く引き伸ばされて。ごろごろと、汽車が動き始めた。
「ポッポー、ポッポー」
 滑稽に振る舞っているが、これも日花里の仕込みだ。本格的な花電車芸が無理となれば、笑劇に仕立てようという目論見だ。しかし僕としては惨劇にするほうが好みだし、睦菜も安心して悦辱に浸れるのではないだろうか。
 リビングの中で大きく半円を描いて、汽車は僕の前で止まった。
「終点、終点です」
 睦菜は目玉クリップをクリトリスに挟んだまま、開脚して正座する。僕にコップを手渡して、ビール瓶と栓抜を手に持った。
「ほんとうは、栓抜を筆と同じように使うんですけど、まだ未熟ですので」
 普通に手を使って栓を開ける睦菜。酌を受けて、ビールを飲み干す。
「誰にでも出来るっていうけど、どうかしら」
 ソファの隅っこに、僕と並んで座っていた菊枝が首をかしげる。
「よほどのマゾじゃないと、できないんじゃないかしら」
「そんなことはないさ。縛りあげて乳に追い鞭をくれてやれば、どんな娘でも汽車を引っ張るに決まっている」
 その演出のほうが面白いと思った。ビール瓶を二両の貨車いっぱいに詰め込んで、宴会は畳の上だろうから――睦菜も「ポッポー」だなんて気楽なことを言ってられなくなるだろう。
「下の口で息をする練習もしているのですけど……」
 睦菜が遠慮がちに口をはさんだ。
「これは、まだ全然できないので……ビデオで観てください」
 妻が家事を取り仕切るのだから、ソファをテレビの前まで動かすのは睦菜(と菊枝)の仕事。そのあいだに、僕がビデオカセットをセットする。サイドテーブルにウイスキーと乾き物とさっきのビールを並べれば、妻の仕事は終わり。愛奴として縛ってやり、僕の足もとに侍らす。菊枝は僕の横に座って、睦菜の妬心を掻き立てるようにしなだれかかる。
 同性に対してはタチのサディスチンで、男に対しては従順なマゾ牝になるのだから――菊枝は重宝なだけでなく、使い勝手の良い女でもある。
 ビデオの最初のほうは、習字の練習。筆を咥えるまではすぐに出来たが、適量の隅を筆にふくませる腰の落とし加減を覚えるまでに十五分はかかっていた。文字を書くのは、さらに難しい。字がかすれたり、筆先を押しつけすぎて紙に皺を寄せたり。一文字を書いてから筆に墨汁を足して次の文字の位置にぴたりと腰を据えるのにもコツが要るらしい。『あいうえお』を一気に書き上げられるようになったときには、画面の端に映っている目覚まし時計で二時間が経過していた。
 汽車ポッポの芸は、最初からすんなり成功していた。
 その次が、下の口に空気を出し入れする練習。日花里のお手本は、たしかに芸だった。ラッパを鳴らすのはもちろん、ハーモニカを縦にあてがって『ひのまる』ドドレレミミレミミソソララソを(隣の穴の音が混じるのは仕方ないが)演奏してみせた。MOF接待の宴席での、ピンポン玉を吸い込んで飛ばす芸。吹き矢で三メートルほど離れた風船を割る芸。口上無しで淡々と披露されては、「へえ、凄いな」としか感想の述べ様がない。
 これらの芸の基本は、まさしく膣への空気の出し入れだ。
「腹式呼吸。胸でなく、お腹の筋肉を使って呼吸するの。男は自然としているのだけど、女は腰を締め付ける服装が多いから、どうしても胸式呼吸になるのよね」
 腹式呼吸で息を吐くときに膣の筋肉を連動させて空気を吸い込み、息を吸う勢いで膣から空気を吐き出すのだと、日花里が説明する。
「これができるようになると締まりも良くなって、それこそ『こだま』や『ひかり』くらいの乗り心地になるわよ。ま、若いあんたなら、素のままでじゅうぶんだろうけど」
 案外と、谺日花里も客を乗せることがありそうだなと――余計なことまで考えてしまう。
 それはともかく。そこらか先のビデオは、睦菜の下半身ではなく顔ばかりを見ていた。両手を後ろに突き、膝を立てて座り込んだ睦菜の股間すれすれに線香が立てられて。立ちのぼる煙を揺らそうと、あれこれ頑張るのだが。煙はまるきりたなびかない。睦菜は、大きく口を開けて息をしたり逆に口を引き結んでいきんでみたり、線香を見つめたり天井を仰いだり、太い眉を寄せたり。
 睦菜の眉は、手入れを禁じている。だから、化粧を知らない女子中高生にはよく見かける、濃く太い眉になっている。きちんと化粧をした美女も悪くないが、睦菜はあくまでも少女にとどめておきたい。人妻の色香など、睦菜の娼品価値を貶めるだけだ。いや(今のところは)、睦菜に淫売をさせるつもりなど毛頭無い。淫売の真似事は、いずれさせるだろうけれど。
 ――ビデオの記録も貴重なものだが、もっとありがたかったのは、局部のクローズアップを含む写真だった。その場でポジが得られるポラロイドというやつだ。
 今にして思えば返すがえすも無念なことに、処女のときの睦菜のヌード写真は一枚も撮っていない。そして。いずれはSMサークルでもお披露目をさせて、そのときには何十枚でも(自分も他の会員も)写真を撮れるのだからと――一回しか撮っていない。カメラを向けると、さすがに拒絶の色が濃く、その場の情感を損なってしまう。つまらない記録を残すよりは睦菜の調教を優先して、カメラはほとんどお蔵入りの状況だった。まあ、その一回で全裸の『縄無し』と『縄有り』、剃った直後の股間も(僕の指で割り開いた構図まで)撮影してはいるのだが。
 しかし、花電車芸の練習風景となると。その場にいない僕に見てもらうためだと割り切るのか張り切るのか、なかなか風情のある表情をしている。予定外の収穫だった。

 その夜は三日ぶりにやさしく(ベッドに大の字磔にして)睦菜を抱いてやり、土曜日は午前中に裏仕事を片付けて、夕方からは睦菜の罪を追及して、存分に罰を与えてやった。破廉恥な服装で旅をしたのだから、置換に遭わないほうがおかしいし、若い女の身空でストリップショーを覗き見るのも、積み荷値するはしたない所業だ。見なければ見なかったで、不勉強の罪になる。罪を罰するというのが責めの口実であるくらい、すでに睦菜も心得ている。そして、悦んで罰を受けるようにもなっている。まだ、責めそのものを悦ぶのではなく、僕に責められることを――だが。今後の課題は、クリトリスを刺激されなくても鞭打ちだけでアクメに達するようになることだが。これは、まだまだ先のことだろう。
========================================

 実はですね。途方もない間違いをやらかしてるのです。
 1969年には何があって何が無かったか、きちんと(ネット付け焼刃で)交渉してましたが。
 まさか、家庭用ビデオカムが登場したのは1976年以降でした!
 8mm映画に書き換えました。ビデオだと、カセットを持ち帰ってすぐ再生できますが、8mmフィルムだと現像の手間が。しかも、メーカーのラボなんかに出したら猥褻画像で没収されます(没収に同意を強制されます)。
 なので、どうしたか……は、製品版でご確認ください。

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

『修学旅行Mデビュー』本日発売!

 月刊濠門長恭です。
 大河長編になりつつある『幼な妻甘々調教』執筆の合間に息抜きを兼ねて書いたものです。
 修学旅行でなくて臨海教育ですが、筆者のU15時代の思い出が若干重なってます。みんながサバイバルゲーム(別名:枕投げ)をしているとき、ひとり狸寝入りを決め込んで。別に、枕投げがイヤとかじゃなくて、「俺ひとり、みんなとは違うんでい」いわゆる厨二病ですかね。ただおとなしく寝てるのも癪なので、50人くらいの部屋の中をゴロゴロ。当然、先生のカチ込みがあって。
「いや、こいつだけはずっと寝てました」で、お咎めなし。残念(?)ですが、縛られたりはしませんでした。


紹介画像

 まあ、本作品はコメディ路線ですが、ピンクローターからバイブに発展して、ついには男子が押し掛けるという……エロシーンはハードです。でも、鞭も針も蝋燭も出ません。水責めもスカもありません。やっぱり、ほのぼのでしょうかしら(激違

DLsite、FANZA、BOOTH(PIXIV)では、体験版があります。

DLsite →
FANZA  →
BOOTH  →
Book☆Walker →

楽天は、例によってロリ禁

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

プロフィール

濠門長恭

Author:濠門長恭
S70%+M80%=150%
高々度の変態非行が可能です!

鬼畜と変態と物好きと暇人の合計 (2018.01.01~)
検索フォーム
コメント投稿の仕方
複数記事を表示したデフォルトの状態ではコメントを投稿できません。 投稿したい記事のタイトルをクリックして個別表示させると最下段に投稿欄が表示されます。
濠門長恭作品販売サイト
リンク L I N K りんく
ブロとも一覧
カテゴリ
最新記事
最新コメント
濠門長恭への連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR