メモ公開:37 年頃の少年少女の心理

・dedicated to Stop Hibari-kun いや、ジルベールか?
 僕ね、あの人の5年前の写真、見ちゃったんだ。
 今の僕より、ずっと可愛くて華奢で、女の子ぽくて。
 僕……18になったら、今のあの人みたくなるのかな?
 そりゃ、すっごいカッコいいよ。男っぽいけど、ちっともむさくるしくなくて。
 あの人に抱き締められたら……も、それだけでナニされたっていいって。
 イラマだってアナルだってゴックンだって……聖水だって飲んじゃう。
 でも、やなんだ!
 今のあの人みたくなんか、僕、なりたくない!
 ずっと、ずっと……男の娘でいたいんだ。


ジルベール

・気持ち悪い(風邪)痛い(怪我)は、自分ではどうにもできないけれど、気持ちいいのは自分でコントロールできる。
 オナニーを覚えて、しかしSEX経験のない少女。


 ヒロインの心理描写が弱いとは、複数の編集者に言われています。

 現実世界でも、筆者は他人の心理に疎いようです

 二つ目の勤務先で、まあ、幹部会議みたいのがあって。
ウォン安時代に韓国で生産させてコンテナ輸送で国内へ持ってきても遥かに安いので、そのときにソウル事務所を設けました。現地のプロパーの、ほぼワンマンアーミーです。
 時はちょこっと流れて。
 VPN(インターネット回線を使うが、外部に対して閉じられているので、社内LAN的に使える)を本社⇔東京営業所⇔大阪営業所だけでなく、どこまで広げるかという議題でしたっけ。ソウル事務所をどうするかという件で、現地工場へ設計図など流すためには、仙台営業所など後回しで接続すべきはずなのに、社長が乗り気でない。
 そのとき、若手のひとり(というか、若手は彼ひとりというか)が、
「韓国は切るつもりですね」と質問というより確認したときには、筆者が擬態する課長サンは心底驚きました。
 なるほど。これまでの話(と、態度など)から、ここまで読んで然るべきなのかと。
 関係者がこの記事を読めば、個人情報なり個社情報を特定できるでしょうけど、まあ、どっちにも実害はないでしょう。
 「ちなみに」のお話は終わって、本題回帰。


 他者の心を推測しえないというのは、現代的にいえば、なんらかの障碍かもしれませんが。名前を発明するから、そういう病気なり障碍が生まれるという面もあります。
 中_学_生_時_代に、さすがに制服のままでしたが、数人のクラスメートに(残念ながら着衣のまま)緊縛されてドブ川の前に放置されたこともあります。マゾヒスチックに興奮したりはしませんでしたが、虐められたとも思いませんでした。「やりやがったな~」だけです。その連中とは、険悪にも陰湿にもならずに付き合い続けました。今だったら、良くて双方のカウンセリング、悪ければ相手側が補導されかねません。
 スカートめくりも、おっぱい揉み揉みも、思春期の微笑ましい光景でしかありませんでした。さすがに、筆者はやり過ぎて一時期(だけですよ)女子から総スカンを食いましたけど。
 これも、針路がずれています。もう一度、転舵。

 そんな筆者がU15マゾ願望少女をヒロイン一人称で書くのですから、実在少女との懸隔は如何ばかりかと。
 とはいえ、読者も(99%は)男です。男の都合の良い妄想で書いて、男の都合の良い妄想で解釈してもらうのです。時代劇がまったく当時の様相を考慮していないのと同じでしょう。


 時代劇の事実に反する事例
 ・夜なのに部屋が明るい。蝋燭一本や二本でどれだけの明るさになるか、考えただけでわかるでしょ。
 ・まして、上野の御山から御城下を眺めて、光あふれる夜景で武力衝突を思いとどまったとか。
 ・武士が座布団に座ってる。座布団なんて、幕末頃まではカウチポテト以下の自堕落なシロモノです。
 ・足袋を履いている。
 ・女性が正座している。すくなくとも江戸時代初期までは、正座の習慣はありませんでした。
 ・忠臣蔵の討ち入りで雪が降っている(か、積もっている)/火事装束を着込んでいる。
 ・刀を最初から反対向きにして「峰打ち」している。
 ・女子(おなご)が懐剣を逆手に構えている。
 ・武士が雨宿りしている。
 ・「御意」を「了解」の意味で使っている。
 ・目明しが房付きの十手を持っている。しかも見せびらかすように所持している。
 以下、百行ほど省略。


 つまりは、ファンタジーです。
 濠門長恭作品では、処女がいきなりアクメったりはしませんが、わりと簡単に開発されてしまいます。実生活において女房……いえ、なんでもありません。
 のわりには、アナルSEXの前にはきちんと処理するなど律儀なところもあります。というか、実生活においても金山寺味噌は願い下げです。

 
 まあ、物書きにとっては作品がすべて。
 『永遠のゼロ』は、作者のネトウヨぶりに引いてしまいましたけど。これは例外。

 ともあれ、濠門長恭作品を今後もご愛読&オカズにしてくださいませ。
 強引に〆ました。
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

濠門長恭

Author:濠門長恭
S70%+M80%=150%
高々度の変態非行が可能です!

鬼畜と変態と物好きと暇人の合計 (2018.01.01~)
検索フォーム
コメント投稿の仕方
複数記事を表示したデフォルトの状態ではコメントを投稿できません。 投稿したい記事のタイトルをクリックして個別表示させると最下段に投稿欄が表示されます。
濠門長恭作品販売サイト
リンク L I N K りんく
ブロとも一覧
カテゴリ
最新記事
最新コメント
濠門長恭への連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR