メモ公開46: 集団羞辱断片考2

 本編を、もう書いてしまいました。後出しです。中出しではないです。

 昭和中期の少女への性的搾取第2弾です。
 本番関係は、あとの楽しみとして。まあ、穴に棒を挿れるという黄金パターンは、ホモ・エレクトウス・ボッキネンシスの昔から不変の黄金パターンですから、シチュエーションとか本人の意識でG戦場(この誤変換も意味深?)を盛り上げる必要がありますが。


・ストリッパー
 要するに、踊りながら脱いで、最後は御開帳です。現在も細々と残っている興行では、踊り子さんの「自己表現」とか「芸術意識」が高く、いろいろと工夫しています。
 ↑筆者は21世紀この方、足が遠のいていましたが、広島に残っていた劇場が閉鎖されるというので、我が青春のメモリアル。行きました。そのときの感想です。
 記憶に残っている舞台では。金髪白人姉ちゃんですね。踊れないし演技もできない。のっけから冂形の木枠に大の字に縛りつけられた形で始まって。男(情夫といった印象でした)が出てきて、ちょこっと嬲る。それだけ。鞭もバイブもありませんでしたが、当時としては大興奮でした。女の子が妙にジャガイモっぽい顔つきだったのも、むしろリアル。
 思い出話は、さておいて。
 このヒロインは、元令嬢にしましょう。バレエの基本を習っていて。
「きみの特技を活かせるんだよ。大勢の観客の前でソロで踊って。踊りながら衣装を脱いでいくんだけどね。踊ったあとで観客が拍手してくれたらそちらへ行って、しゃがんで、ちょこっと脚を開いて奥の院を見せたりもするんだけどね。なあに、身体に触られるわけじゃないし、貞操も守られる。給料は歩合制で人気にもよるが、きみなら大卒初任給の五倍は稼げるよ」
 なんて甘言で。貞操堅固で真面目な娘なら「のっぴきならない」事情を付け加えましょう。
 あとは、どう展開するか。
 私、こんな下層の女たちとは違う。なんて、先輩を見下してて、反感を買って、凄絶なリンチ。いっそ、リアル昔の記憶みたいに、本格SMショーを強制しましょうか。当時は、SMなんて変態中の変態扱いでしたから、人気沸騰間違いなし。
 それとも。観客の熱い視線に濡らしてしまって、ストリップ芸術に目覚めて、あれこれ工夫する――のは、筆者の妄想力が大変です。
 時代的にはすこし下ってから登場するマナ板ショーを過激に。マナ板ショーてのは、客が舞台に上がってシロクロ・ショーというか本番というか。もちろん、元令嬢は断固拒絶しますから、マナ板に縛りつけましょう。
 結構、展開が難しいストーリイです。


・ノーパン喫茶
 後年に登場した「ノーパンしゃぶしゃぶ」は嫌いです。食欲と性欲を同時進行させられるほど、筆者は器用ではありません。当時の金額(貨幣価値は、現在とあまり変わりません)で2千円とかのコーヒーのほうが、スケベに専念できます。
 トップレスはどこの店でもデファクト・スタンダードでしたが、パンツを穿いてるけしからぬウェイトレスもいました。露出の度合いで時給が違います。じきに、床が総鏡張りになったり、下から風が吹き上げるマリリン・モンローも出てきたそうです。
 当時は30分くらいの入れ替え制で、店の前にはかなりの列でしたね。
 筆者も体験してますが。その店では性服が統一されていませんでした。普通に股下ゼロcmのノーパンミニスカもあれば、バタフライだけの子もいて、これはむしろ股間ガードですから、時給は安いでしょう。トップエースは、なんと全裸でした。
 客はコーヒーそっちのけで。ヘソで座ってる奴もいました。筆者も、そのひとり。
 もちろん、タッチ禁止でしたが。小説では「有り」にしましょうか。袖カフスを付けさせて。白はお触り無し。青はおっぱいまで。ピンクは指挿れOK。赤は隣の個室で二人だけでお話ができるという。

norpan_kissa_1906_010.jpg

・モデル
 昭和30年代には個室ヌードなんてのがあったそうです。モデルひとり、客もひとり。いちおう、カメラとかスケッチブックの貸し出しもあったとか。この当時。モノクロ写真主流ですから、町の写真屋さんで現像できました。話をつけておけば、現像・焼付をしてくれたでしょう。カラー写真は専門工場で現像でしたから、猥褻写真はフィルム没収でしたかしらね。財産権をなんと心得おる!
 真面目なモデル派遣業者もいました。まあ、美大とかに派遣されて、飢えた瞳に視姦されるわけですが。
「大丈夫、大丈夫。ヌードモデルじゃないから。ちゃんと衣装を着けて、ポーズを取るだけだよ」
「いやあ! ヌードにはしないって、約束だったじゃないですか。ああっ……なんで、縛るんですか!?」
「これが、きみの衣装だからだよ。縄衣装というわけだ。素人がいきなり長時間のポーズを保つのは難しいから、こうやって固定してあげてるんだよ」
 いや。先の画学生に視姦されるシチュエーションも、ヒロインの性向次第では盛り上がるかな。女学生もいて、同性に蔑みの目で見られるとか。
 大自然との調和というテーマで野外露出もありますね。
 いろんな場面が書けそうです。ヒロインが露出に目覚めるか被虐に目覚めるか。
 いずれにしても、昭和の価値観や世相を絡ませないと陳腐な話になりそうです。


 まあ、執筆に着手するのはまだまだ先(この記事を書いているのは2019年7月)ですから、熟成させて煮詰めて枝葉を増やしていきましょう。
 
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

濠門長恭

Author:濠門長恭
S70%+M80%=150%
高々度の変態非行が可能です!

鬼畜と変態と物好きと暇人の合計 (2018.01.01~)
検索フォーム
コメント投稿の仕方
複数記事を表示したデフォルトの状態ではコメントを投稿できません。 投稿したい記事のタイトルをクリックして個別表示させると最下段に投稿欄が表示されます。
濠門長恭作品販売サイト
リンク L I N K りんく
ブロとも一覧
カテゴリ
最新記事
最新コメント
濠門長恭への連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR