メモ公開51:戦後の日米混血少女への虐待

 米兵との日本人混血少女がアメリカへ養子にもらわれて行って、まだパールハーバーの恨みも生々しい中、いろいろと(養父母からも)差別虐待された――という記事をネットで見ました。66年ぶりに日本を 訪れるとか。
 たーちーまーちー起こる、剣戟のー
 家では家事奴隷性奴隷として扱われ、外を歩けば物陰に引きずり込まれて。こんなこともあろうかと、養父母は貞操帯を着けさせていて。腹立ちまぎれにボコられるか、イラマか。ついでに大量の Small Water(Fc2規制)まで飲まされるとか。

 家での普段着は、こんなのです↓
養女虐待
 これ、人種的偏見とか憎悪とかで、DとFではOKでも、Kでアウト食らいそうな気もします。この記事を仕込んだのは、熱帯雨林に棲息していたときです。今では、もう平気だもんね。月イチ大衆ソープを捨てて、年一発高級ソープと表現の自由とを勝ち取ったんでい。


 内幕をばらせば。
 SMツアーシリーズの『女囚性務所』
 最初は、舞台を半島にして。「従軍慰安婦の苦しみを思い知れ」と日本娘を監禁して――というストーリイだったんですが。矢場いかなと考え直して、別のメモに遭った「蜜愉は懲液三か月」とチャンポったのでした。


 しかし。肉食残虐な毛唐に大和撫子がアレコレされるというのは、筆者の原点的モチーフのひとつです。
 SMセレクト誌デビュー作『Deep South マゾ紀行』、2作目の『奴隷留学 via Slave』どちらも、このパターンです。
 ホームステイ先で、というシチュエーションも当時から暖め続けています。
 もしも養子の話を書いたら、ホームステイは永久消滅でしょう。
 帰国できるホームステイより、逃げ場のない養子のほうが、大河長編残酷エンドになるから、こっちですね。


 この写真は留学でしょうか。
 「イエローと一緒に勉強できるか。さっさと帰れ」なんてリンチされてるんでしょうね。

100907-b15.jpg
 虐められてる方がもっと若くて、虐めてる方に白人男性も混じっていれば。というより、加害者が全員男で、後ろから高慢ちき白人女学生がけしかけている――という構図もいいですね。
 それとも。虐められるのがわかってて留学するとか。こっちは、『ロリマゾ』か『SMツアー』のひとつになります。あ、いっそ両シリーズのコラボかな?
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

濠門長恭

Author:濠門長恭
S70%+M80%=150%
高々度の変態非行が可能です!

鬼畜と変態と物好きと暇人の合計 (2018.01.01~)
検索フォーム
コメント投稿の仕方
複数記事を表示したデフォルトの状態ではコメントを投稿できません。 投稿したい記事のタイトルをクリックして個別表示させると最下段に投稿欄が表示されます。
濠門長恭作品販売サイト
リンク L I N K りんく
ブロとも一覧
カテゴリ
最新記事
最新コメント
濠門長恭への連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR