Progress Report 1:公女両辱

 年明けとともにスタート。
 『未通海女哭虐(後編)』の校訂と、終盤が駆け足だったので加筆も必要かなと。
 さらに、売れないと分かっている健全SF小説のOCR取り込みが終わって校訂とか。
 目標もショットガンなら、さあ業もショットガンです。
 まあ。『公女両辱』は2月下旬までに仕上げればいいし。
 『未通海女哭虐』にいたっては5月下旬でOK。
 とはいえ、さらに2本くらいは5月末までに仕上げておかないと、年末から月刊再開のめどが立ちません。
 元々は脱サラの初段というか野望というか無謀でSFを書き始めて。ワープロ導入で生産効率10倍になったので小遣い稼ぎにSMに手を出したりしたのですが。それが20年以上も続くと、もはやレーゾンデートルでありライフワークです。たとえ年間1NSソープの実入りしかなくても。

 今回はPLOTの紹介です。数枚書いた感じでは、意外と短くありそうですが。PLOTでは拷問の種類が少ないけれど、次々と増やしたりすると(章タイトルを「拷虐の二週間」としていますが、これが三週間とか四週間とかになったりして)、大長編に化ける可能性もありますね。とにかく。1月5日までに100枚以上は墓を逝かせて破瓜を取りたいものですなんのこっちゃ。




========================================
公女両辱
姦獄に泣く不義の娘と拷虐に哭く不実の娘

背景
奴隷制度(近世フランスに黒人奴隷はいた)

異教徒:人間ではない→奴隷(インディオは人間ではないから虐殺された)
奴隷は人間ではない。首枷(ボルトが主流)

セギュール家
祖父  アンリ・シャルル
父   ジャン・ジャック
母   デジレ
娘   リディアーヌ→エスク(Esclave)
後妻  フラヴィエ→フランシーヌ
連れ子 エマ→リディアーヌ→セミェ(牝豚)

祖父の遺言
デジレの血を引く子に爵位を継承させる。男児無き場合は、娘に婿を迎えるべし。
国王の印可をもらった書状。(デジレ謀殺後に処分)。


1:幸せの終わり
セギュール家
昼食後。サロンでノアイユ男爵夫妻と歓談。
非公式のアットホームな会合なので、社交界デビュー前のリディアーヌも混じっている。
ノアイユ夫妻とは初対面。
戦争など話題。大国間の領土争い。同盟を結んでいるので応援。
女奴隷がお茶を運んでくる。
セギュール家の奴隷は首輪がお洒落。
高齢奴隷の保護施設の建設計画。かたわらに金庫。
奉加帳。ノワイユが署名。
「右署名か」
「ブロワ伯爵をはじめ、皆さま右署名です。私ごとき軽輩が左署名などできましょうか」
左署名:略式の文書などに使う。いざとなれば「あれは儂の署名ではない」
右署名:重要文書、目下から目上へ。
セギュール子爵家に、侯爵や伯爵の右署名文書は与えられない。[伏線]

侯爵家へのデジレ単独訪問。半日の行程。一泊して戻る予定。
保護施設にジャンは不賛成。勝手にさせている。
貴婦人の単独行が珍しいことは言及。病弱の夫の名代など。
護衛の兵はつけている。騎士はいない。
デジレ:お父様は冷淡。
強盗団に襲われて母が行方不明との急報。すぐに全裸暴行死体発見。
護衛兵は逃散。罪に問われる可能性大だから、当然。
葬儀。


2:姦獄の始まり
一週間後に、後妻と連れ子。
「妻のフランシーヌ、娘のリディアーヌだ」
「私と同じ名前?」
「おまえはエスク――奴隷娘ではないか」
結婚のとき、デジレの腹は膨れていた。
衝撃の事実。
使用人雑居の部屋とは別の小部屋。
パニクっているエスクを(全裸に引ん剝いて)暴姦。足に鎖をつないで監禁。
まだ出血しているエスクを裏庭に引き出して、鍛冶屋の手で、武骨な首輪。焼き嵌めボルト。
暴姦の日々。排泄はバケツだが、美麗か武骨かの違いだけ。
同情して逃がしてくれようとする使用人も。
このまま逃げても、下手をすると奴隷として連れ戻される。
逃げおおせても泣き寝入りは悔しい。
子供時代のリディアーヌを見知っている(そして有力者の)ヴァロワ伯爵は遠征中。
もっとも、現在のリディアをそれと見分けられるか?
首絞めプレイ。あわてふためくジャン。
フランシーヌ。頸動脈で確認。
「殺してしまえばよかったのに」
聞こえている。
なぜ?
すり替え/簒奪の意図に気づく。幼時に聞かされている。
まさか、母様を殺したのも……?
護衛が傭兵ばかりだった不自然さ。
幼時の想い出で、もうひとつ。使用人の密会。フェラ。


3:奴隷妾の日々
ジャンに応用。感激。
「殺さないでください。どのような破廉恥なことでもします」
アヌスとか鞭打ちとか乳首クリ抓りとか。あまり残忍ではない。
警戒が緩む。
日に当たりたい。肌が濃くなれば、ふつうの奴隷(中近東)に近づける。
腰鎖。樹につないでおく。
リディが目撃して驚く。
「罰を受けてるの?」
「奴隷ですから。あまり肌が白いと誤解を招くので」
「そう?」
「不義の子でも奴隷でも、私は人間だと思うわ」
「私にできることがあったら、言ってちょうだいね」
家の中を歩き回れるようになって。
リディの部屋を乱雑に漁って、母にもらったブレスレット。
すぐばれる。罰として腕輪を追加。
「そんなに腕輪がほしければ、これをくれてやる」
二度としません。監禁は免れる。
以後、隙をみては慎重に書斎を漁る。遺言状の探索。
奉加帳発見。強盗団に持ち去られたはず。なぜ、ここに?
傭兵の誓約書「任務遂行後は国外へ逃亡」日付が母惨殺の一週間前。
首都で凱旋式。一家で出席。
証拠の品を掻き集めて、使用人の手引きで脱出。


4:一気転落の時
半年後。最初はエスクの身を案じていた偽リディアも、忘れている。
庭におびただしい馬蹄の響きと馬のいななき。
踏み込んでくる兵と騎士。
「アンリ・シャルル子爵の娘デジレ謀殺、ならびに孫娘リディアーヌへの陵辱、文書偽造未遂の罪で投獄する」
檻車で首都へ。3人別々に投獄。
片腕を吊られて、座るのがやっと。溝への排泄。
貴婦人然とした本物リディアーヌの登場。
「エスク……いえ、リディアーヌ様?」助けに来てくれた?
「なぜ、囚人がこのように着飾っているのです。この者にふさわしい姿にしてやりなさい」
金髪が生意気。短く切る。ついでに下も(焼く)。
「おまえの両親は、すべてを白状したぞえ」
「おまえも、簒奪の陰謀に与していたのであろう」
「あの淫乱女の娘が処女のはずもなかろう」
拷問吏の肉棒で処女検査。
「もはや、処女ではありませぬ」血まみれの肉棒を晒して報告。
「手ぬるい」
同時3穴。


5:拷虐の二週間
「素直に白状すれば、拷問はせぬ。処刑の日まで楽に過ごさせてやろうぞ」
「父母の犯した罪に連座することは厭いません。でも、私は潔白です」
初日は鞭打ち。吊るして放置。たまに逆さづりにして鬱血を防ぐ。
翌日。まだ鞭傷が癒えていない。ので水責め。当時、泳ぐどころか入浴の習慣もなかった。
さらに二日おいて。両親が連れて来られる。二人とも口枷。その目の前で。
拷問椅子。2凸+針。
乳枷ボルト責め。
エマへの尋問。否定するたびに両親が呻いて首を縦に振ったり横に振ったり。
翌日。股間は軽傷なので後ろ手一本吊りで木馬。何度も落とす。
リディアーヌ、翌朝まで放置を命じて退出。
松明の熱い脂で永久脱毛。淫毛と腋毛。

6:断罪と贖罪と
裁判。両親は死刑。エマは名前を剥奪して奴隷。
リディアーヌが、即座に引取りを願い出る。エマの感謝。
全裸のまま教会。受洗記録抹消。異教徒の姿そのまま。破門。
鍛冶屋。鍛接された首輪、手枷、足枷、腰枷。胸に「Gentes:ラテン語で異教徒」の焼き印
その姿で、両親の処刑を目撃させられる。
裸身を晒すが、隣の貴婦人に遠慮して投石はまばら。すぐ制止される。
両親も娘の無惨な姿に狂乱。
馬車の後ろにつながれて、領地まで徒歩。爪を剥がすと、足に袋だけ巻かれる。
領民の蔑み切った目。
========================================

乳房拷問
 じつは、この拷問(ナットには、先を尖らせたボルトを捻じ込みます)を書きたいばっかりに丁稚揚げた小説です。
 こういうのは西洋中世でないと雰囲気が出ません。
 殺しても構わないというスタンスで拷問しますから、なかなかに悲惨なことになるかもしれません。でも、生き地獄エンドですから、後半のヒロインの両親は、あっさり首チョンパですが、この2人はMOB扱いですから。
 そういうことですどういうことだ。


関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

濠門長恭

Author:濠門長恭
S70%+M80%=150%
高々度の変態非行が可能です!

鬼畜と変態と物好きと暇人の合計 (2018.01.01~)
検索フォーム
コメント投稿の仕方
複数記事を表示したデフォルトの状態ではコメントを投稿できません。 投稿したい記事のタイトルをクリックして個別表示させると最下段に投稿欄が表示されます。
濠門長恭作品販売サイト
リンク L I N K りんく
ブロとも一覧
カテゴリ
最新記事
最新コメント
濠門長恭への連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR