『公女陵辱』発売!



 と言っても。FANZAで発売日指定を忘れて、とっくに販売中で。BOOTHでも3月下旬にこっそり出しました。
 4/01発売は、DLsiteと楽天kobouだけです。

 乳房虐待の拷問を書きたいから書いた作品ですが、表紙絵にはなりにくい(鮮明な元絵が無い、陰影が濃くて輪郭抽出できない)ので、別絵柄でごまかしました。本棚(新作)を参照してください。
 左が不義の子(リディアーヌ)で性奴。右が不実の子(エマ)で重罪犯。

 どっちも元絵がクリスマスK点越えですから、作品より10歳はオーバーシュートしてます。これが正しい『オーバーシュート』の使い方です。戦闘詳報参照→
 それは、さておき。
 フライングしたFANZAで、意外と売れています。作品の出来がNow Oneだし、原稿用紙200枚足らずなので220円とお安くしたせいか、微リョナを好む変態(濠門長恭クンの同類)が多いせいなのか。
 しかし。この作品を書いていて今更ながらに認識したのは。『性欲の無い虐待』は、やっぱり好きじゃないということでした。拷問吏が職務として性的虐待を行なうのではなく、サディスト/サディスチンがおのれの嗜虐を満たすために女/女の子/女の娘を虐めるというのが、ツボという以前に必要条件です。もちろん。事務的に拷問をする技術者が登場するのはかまいません。ディルドとか鞭と同じ、アイテム扱いです。

 それと。性的虐待/拷問/陵辱される側も、心の奥底にはマゾ性向を秘めていないと面白くないです。
 『未通海女哭虐』では、ノン気の娘に設定したつもりでしたが、書き進めるにつれてマゾ性が付与されていきました。
 さて。『昭和集団羞辱史:芸術編』は5月1日発売で登録しましたが。どうにもSMでないんですね。過激な性描写すらありません。性交(レズを含む)描写がありますから、どの販売サイトでもR18ですが、やっていることはソフトです。フランスの足元にも及びません。
 まあ。現在執筆中の(浴場編)は「トルコ嬢」と「湯女」のうち、「トルコ嬢」は集団就職ではありません。いきなり拐わかされて母娘そろって輪女女女されて、娘は超高級トルコへ、母は山奥の飯場へ、弟はマグロ漁船へと――そういう展開です。超高級トルコでは……おっと。これは、Now Writing! で書きましょう。

100907-f01.jpg
 今回の画像はイメージです。いつものことですね。
 最後の章で『不実の子』は、生涯外せない鉄枷を装着されます。思い返せば『ミスリルの悲劇』でも、似たようなことをしています。凸凹を嵌合させるノーマルなSEXに対してSMは、あんなこともこんなこともできますが、筆者の好みに合わない責めは書きませんから、どうしても偏ってきます。
 この画像の被写体。あと15歳ほど若かったら表紙絵に使えたんですけどね。

 
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

濠門長恭

Author:濠門長恭
S70%+M80%=150%
高々度の変態非行が可能です!

鬼畜と変態と物好きと暇人の合計 (2018.01.01~)
検索フォーム
コメント投稿の仕方
複数記事を表示したデフォルトの状態ではコメントを投稿できません。 投稿したい記事のタイトルをクリックして個別表示させると最下段に投稿欄が表示されます。
濠門長恭作品販売サイト
リンク L I N K りんく
ブロとも一覧
カテゴリ
最新記事
最新コメント
濠門長恭への連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR