お気に入りの写真(尋問1)

前回の記事:お気に入りの写真(拷問・折檻・躾の違い)→

  折檻と似た状況にリンチがありますが。これはそのうち別建てにします。
 リンチとなると、処刑まで行きつきます。さもなければ学校でのイジメの延長ですね。最近では初潮前の少女でさえ剛姦されて、それが画像や動画として流出するそうですから、どうにも淫惨です。濠門長恭テイストに合いません。そうされると分かっていて火中に飛び込むのは、ロリマゾですから別です。『いじめられっ娘二重唱』とか『淫乱処女のエロエロ・デビュー』です。




 拷問の相方(?)は尋問ですね。
 逮捕して連行して(別記事にします)、身元をチェックしたり顔写真を撮って指紋を採って、ついでに全裸を撮ってマン拓はどうしましょうか。


身元調べ

 最初の尋問は、拷問とは別の意味でヒロインが恥辱にまみれるでしょう。厳しく拘束されずに、おそらく手錠まで外されて。
「直立不動。前を隠すな。脚を開いて」
 自分の意志で屈辱のポーズをとらねばなりません。
 両手を頭の後ろで組ませるのは、筆者の大好物です。完全無防備完全無抵抗。どこをどうされても姿勢を崩せません。崩せば懲罰です。時代設定によっては、腋毛を嬲れます。


初期尋問

 拘束しての尋問。鞭ですこしくらい敲いても、まだ拷問の内ではありません。
 右上の画像は「しゃべりたくないなら、しゃべれなくしてやるわよ」
 右下になって「いっそ、下の口に聞いてやろうかしらねえ」さすがにこんな陳腐な科白は、筆者は使いません。と思います。
 取り調べには女性係官が立ち会うというのも、むしろ被疑者には同性に嬲られるいや奻される屈辱になりかねません。


娯楽

 尋問が終われば留置所で休ませます。退屈でしょうから、遊んであげましょう。
 被疑者が売春婦だったら、「ちょいといつもの仕事をしてくれや」
 処女とかお嬢様なら……問答無用ですね。
 抵抗したら、もちろん罪が重くなります。
 凌辱に甘んじたら「色仕掛けで手心を加えてもらおうとした」と報告されます。
 捕まったら最後、身も心もズタボロにされて――性務所で徴液か、強制労働兼慰安婦か、拷問吏のマゾ嫁になる運命です。
 強制労働兼慰安婦は『偽りの殉難』です。昼は男並みの仕事をさせられて夜は蹴転(けころ=蹴り転ばして突っ込む)として扱われます。

 マゾ嫁というのは。
 2020年10月にリリースした『赤い冊子と白い薔薇』のオチです。
 世間から嫌われている特高警察の若手には縁談も持ち込まれない。窮余の一策として、罪を丁稚揚げて娘を逮捕して。全裸尋問とか拷問は担当が変わる(みんなで愉しむ)が、処女を破って下の口に尋問するのは一人に限られています。娘が罪を認めれば、情状酌量となんとか不起訴で放免します。しかし、特高にしょっ引かれた娘には世間体とか親戚からのつまはじきとか。結婚どころかまともな職業にもつけません。親に勘当されて当然です。このあたり『非国民の烙淫』でも書きましたが。
 そこで。「俺が貰ってやろうか」と、下の口担当官が親切に引き取ってやるわけです。その後、ほんとうにマゾ妻になるか、亭主を尻の下に敷くかまでは、筆者の知ったことではありません。
 もっとも。複数ヒロインのうち、語り手となる主演女囚には別の運命が待っています。
 それは……ヒ・ミ・ツです。
 唯一神などと言って国家最高権力者の神性を否定するクリスチャン娘にいたっては公衆便女扱いで、スクラップになるまで壊され続けます。しかし、この娘は伊太利人神父とヤマトナデシコとのハーフなので、日独伊防共協定の障りにならないよう、こっそりと国外追放されます。濠門長恭のテーゼであるヒロイン救済です。
 よろしければ、お買い上げのほどを
 DLsite  →
 FANZA   →
 BOOTH   →
 BOOK☆WALKER→
 Rakuten →



 
関連記事

テーマ : 今夜のおかず
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

濠門長恭

Author:濠門長恭
S70%+M80%=150%
高々度の変態非行が可能です!

鬼畜と変態と物好きと暇人の合計 (2018.01.01~)
検索フォーム
コメント投稿の仕方
複数記事を表示したデフォルトの状態ではコメントを投稿できません。 投稿したい記事のタイトルをクリックして個別表示させると最下段に投稿欄が表示されます。
濠門長恭作品販売サイト
リンク L I N K りんく
ブロとも一覧
カテゴリ
最新記事
最新コメント
濠門長恭への連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR