お気に入りの写真(風呂1)

 ひと口に「風呂」といっても、大きく二つに分かれます。
 単純に湯に浸かる(サウナとかも含む)「風呂」と、いわゆる「お風呂」ですね。ひどい日本語。
 前者は細かく分けると
 ・露天風呂などの混浴
 ・銭湯の男湯にはいってきたロリっ娘
 ・家庭風呂
 さらには強制か自発か、家族でも実のパパ、レズ継母、連れ子の兄妹などなどあります。


 いわゆる泡の国については、実践方面はともかく小説的にはあまり題材にしませんね。健全過ぎます。

miad998-03.jpg

 ソープ嬢と似ていますが、「湯女」とか「女三助」となると、一気に浪漫です(笑)。
 上の画像は左がランド、右が浪漫です。
 筆者の作品では、ベテランソープ嬢を招いてソープ技をロリ奴隷に学ばせるというパターンですね。
昭和集団羞辱史:浴場編』では、借金のカタで893に売り飛ばされたソープ嬢と「男と風呂に入るのが好きな娘」と決めつけて勝手に就職先を決めた継母。そんな二話です。
 下は今回のお題に関連する筆者作品へのアフィリンクです。
  『未性熟処女の強制足入れ婚』では、チラッとしか触れていませんが。



 銭湯の男湯という設定は、強制がよろしいです。
 上のアフィリンクでは『大正弄瞞』にその1章があります。あ、露天風呂露出/売春も別の章で書いています。
 しかし、市販のAVは……すぐに「やるべき事」に突っ走ってしまって、モデルの実年齢も絡んで、好みではないです。
 ああ、左下の画像は正しくは家族風呂ですね。スペースの都合でこちらに挿れました。


銭湯ロリ

 露天風呂となると、やはりAVのメインは痴女ものですね。このパターンで今後書くとしたら「ロリマゾ」ですか。
 画像としては、右上がツボです。普通に露天風呂ではないイメージが、そそります。ついでに作業員の皆様が見物していたりすると、何をかイワンの馬鹿です。

201603271200ind037xmu.jpg

 家族でお風呂。これも、筆者はあまり書いていませんね。上に挙げた『昭和集団羞辱史:浴場編』の「湯女」冒頭、あるいは継父がスキンシップを図るものの拒み通してコミュニケーション障害と診断される『強制入院マゾ馴致』くらいですか。あくまでもイントロです。

 さて。筆者のツボは、やはり強制です。それか「襲われ受け?」。
 右の画像は、まあそれなりの妄想竹ですが。左となると……
 少女が、口をふさいでいる手をペロリと舐めて――
「ここでは人が来るかもしれないから、もっと奥でゆっくり可愛がってください」とか。
 それとも。無言で激しく抵抗して――
「ボイラー室に縄があったけど、そこに連れ込まれて縛られたって、あなたの思い通りになんかならないんだから!」
 いや、書くときはもっと自然な科白にしますが。
 ともかく、この一枚は妄想竹の花が咲きまくって、G線上では何度もお世話になっております。


SM(japan)緊縛強制混浴

関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

濠門長恭

Author:濠門長恭
S70%+M80%=150%
高々度の変態非行が可能です!

鬼畜と変態と物好きと暇人の合計 (2018.01.01~)
検索フォーム
コメント投稿の仕方
複数記事を表示したデフォルトの状態ではコメントを投稿できません。 投稿したい記事のタイトルをクリックして個別表示させると最下段に投稿欄が表示されます。
濠門長恭作品販売サイト
リンク L I N K りんく
ブロとも一覧
カテゴリ
最新記事
最新コメント
濠門長恭への連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR