未通海女哭虐 後編発売

 すでに次発装填済(『赤い冊子と白い薔薇』10/1発売)なので、さっさとリリースします。
紹介用後編 

 DLsite →
 BOOTH  →
 FANZA  →
 楽天はU15規制に引っ掛かって発禁です。

 ここからは、作品にあまり関係のない雑談です。

 平成は30年間続きましたが、まさしく平らかに成った時代ですね。
 ガラケーの栄枯盛衰とか、PCの性能飛躍とか、ロリ規制とか、細かく見れば変化はありますが。
 複葉プロペラ機がジェット機に進化したとか、大日本帝国が民主国家日本になったとかの激動は皆無。
 さて、令和は……いきなり、チャイルスで世界が変わるかもしれませんなあ。


 江戸時代は300年間で、まあそれなりに変化はあったわけですが、それはさておき。
 明治は、日本が三等国家から一等国家に飛躍した時代です。
 といっても、筆者としては扱いにくい時代です。前半はチョンマゲを引きずり鹿鳴館ではスカートを引きずっていました。後半は富国強兵とか勇ましい話ですし、妄想竹が繁茂する余地がありません。
 大正は、なんといってもデカダンであり、エログロナンセンスです。華族は家庭内に関しては家憲が国法に優先する(女中に折檻)ので、民間におけるアレコレが筆者としては扱いやすいです。
 そして、昭和。見事に20年ずつに区切れます。
 昭和20年までは、特高警察(『非国民の烙淫』『赤い冊子と白い薔薇』)に軍隊に(『陸軍女子三等兵強制全裸突撃』『成層圏の飛燕』)、国家権力をサド役に抜擢です。
 昭和40年まで、ことに30年代は、現在とは異なる価値観の元、体罰・売春・未性年。なんでもありあり。
 『昭和集団羞辱』シリーズ、『未通海女哭虐』『少女博徒-手本引地獄』などなど。
 その後は現在と地続きな面が多くなって、ノスタルジーから微妙に外れます。もっとも、あまり「現代との違い」を考証せずに書けるという利点もあります。いえ、やはりキチンと考証はしますけど、自身の感覚で書いてもそれほどハズレないということです。
 実は、平成を舞台にしているはずの作品群には、昭和末期のテイストが紛れ込んでいる場合が多々あります。
 逆に、昭和30年代を描いても昭和末期とチャンポンな部分もあることでしょう。自戒。


↑上で言及した自作品へのDLsiteフィリンクです。
↓『海女』をキーワードにしたアフィリンクです。


 チャイルスのおかげで、予定より1年半ほどフルタイム環境になっちゃいました。
 戦闘詳報でもしつこく書いているように、ギリギリ首を吊らずに済みそうですが。家の補修、大物家電、入院などを考えると、副収入が欲しいところです。おのれ、熱帯雨林め。おのれ仏蘭西め。
 ハロワに通って、月に5万くらいのバイトを探すしかないですなあ。


関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

濠門長恭

Author:濠門長恭
S70%+M80%=150%
高々度の変態非行が可能です!

鬼畜と変態と物好きと暇人の合計 (2018.01.01~)
検索フォーム
コメント投稿の仕方
複数記事を表示したデフォルトの状態ではコメントを投稿できません。 投稿したい記事のタイトルをクリックして個別表示させると最下段に投稿欄が表示されます。
濠門長恭作品販売サイト
リンク L I N K りんく
ブロとも一覧
カテゴリ
最新記事
最新コメント
濠門長恭への連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR