Interrupt Report 7:繋囚姫牢虐譚(PLOT)

  今回は趣向を変えて。
 まずは、PLOTの元になったメモを御紹介。


========================================
PLOT-37
人質姫牢虐譚


概  要:父と兄を切腹させられ、側室とともに人質となった姫。
     総大将の息子を拒み、刺殺しようとした姫は、男牢へ放りこまれる。
     太い竹筒を咥えさせられているので、自害も絶食もできない。
     囚人どもにボロボロにされ衰弱した姫を見て嘲笑する側室。
     側室の指技で強制的に女の悦びを教えられる姫。
     やがて、囚人に犯されて喜悦の声を上げるようになる。
     皮肉なことに、姫は体力を回復していく。
     ――側室の仕打ちは擬態だった。
     総大将の近習を手なずけて寝首を掻き、姫を救出する。
     総大将の息子と牢内で鉢合わせする母娘。
     屋内で長刀を持て余す相手を、姫が討ち取る。
     自害しようとする姫を諭す側室。
     「血脈を継ぐ者は、あなたしかいないのです」
     「あなたが旗を上げれば、はせ参じる旧臣もいるでしょう」
     後の世に語り伝えられる姫大将が、今ここに誕生した。


ヒロイン:志穂 前妻の娘。細身の美乳。小太刀の切紙(初歩の免許)。
     亀乃 32歳。
        お手つきの下女から側室に。肉置き豊かな巨乳。世故に長けている。

目玉 H:男囚の寄ってたかっての2穴連続レイフ゜。快感無し。
     SEX以外での徹底的な凌辱。
     舌を噛まぬよう常時、口に竹筒を咥えさせられている。
     男囚が噛み砕いた食物を竹筒から流し込まれて、無理やり嚥下させられる。
     水だけでなく小水さえも飲まされる。
     鬱血をさけるために、日替わりで縛り方を替え、たまに首枷・手枷。
     (両手を自由にさせると自害の恐れがある)
     側室の指による性感強制開発。
========================================

 どうもね。側室の動きがご都合主義ます。敵方の息子は不要でしょう。
 ので、あれこれ弄くりまわしてると、必然的に
「まあ、こんなに大きく……!」ですね。

 側室が、最初は我が子(嗣子)の助命に必死になります。
 側室のほうが奥方より若いから、殿さまとの間にできた子はヒロインの弟が自然です。
 ところが。寺に放り込まれるどころか玉抜きされて、子供を作れなくされます。これでは、長じてから旧臣を集めて決起したところで、後継者を作れません。
 武家にとっては「家」が大切ですから、養子を取ればいいようなものの。実は側室が殿様に惚れ抜いていて、なんとしても血の継承を――と。そうなると、血を継ぐ者はヒロインのみ。
 まあ。この時代は、女は子種を育てる畠ですから、DNAなんか知りませんから、娘が産む子供が父親の血を継承していると考えるかどうか、ちょっと怪しいですが。そこは、下に展開した最終PLOTの中で補強しています。
 女の子は父親に似る。男の子は母親に似る。したがって、ヒロインは父親の面影が濃い。ヒロインが男児を産めば母親に似るのだから、お祖父ちゃんの面影を受け継ぐだろう。三段論法です。


 というわけで。最終PLOT(On the Job Changeは、ある)です。


========================================
繋囚姫牢虐譚

志穂(17)
亀乃(32)
芳若(13)未精通。

柴中嘉門(48)
  柴田郷一体の支配者。4000石/500人
野上権十郎(44)
  3万石/6千人


・助命
大軍の侵攻を迎撃すべく総力出兵中の館を急襲されて捕囚。
 小太刀の一場面を挿入:伏線
拠点を占拠されて、柴中嘉門が投降=自刃。軍勢はほとんど無傷で敵の手に。
 兵力拡大と柴田郷を外征拠点とする目論見。
志穂たちの目の前で、嘉門の首実検。
「さて、嗣子の始末だが」
芳若の助命嘆願。「妾は如何様にされようとも」
全裸土下座を強いられる。
志穂もやむなく倣う。腹は違えど、可愛い弟の為。
「命だけは助けてやる」寺への永代預かりと勝手に解釈。

・竿折
志穂が夜伽を命じられて。岩女淫(いわほと:岩戸女陰の短縮形)=膣痙攣。
叫び声で駆け付けた(隣室での近侍は無し:伏線)家臣おろおろ。
亀乃が志穂の首筋殴打で気絶させて。
「これは大変」
紫に変色してくびれくっきりの男根を口で暖めて、ついでにれろれろ。
3人の幽閉は続く。

・玉抜
5日後。国元から呼び寄せた唐人医者。
芳若の公開断種。玉抜き。縫合タック。
亀乃と志穂は全裸緊縛晒しで立ち会わされる。
秋霜烈日、武威をあまねく示す。

・金鈴 [レズだ! 折檻だ!]
亀乃による志穂の調教。
淫核喜悦を教え込むと同時に、金の鈴を子袋に。
「これで子を孕む心配がなくなり、心安らかに寵愛を受けられようぞ」
「竹川村のウメという産婆に習った秘術じゃ。彼の者なれば、易々と鈴を取り出せようぞ」:伏線。
それでも痙攣が起こって、挿入不可。
野上、怒り狂って手討ちに。
様子をうかがっていた亀乃が飛び込んできて。
「我が子は生きながらの恥辱。この娘だけ浄土へ行かせてなるものか」
牢への幽閉を求める。牢は館から遠い。
しぶる野上。
亀乃による折檻。
庭の木に吊るしてビシバシ。
野上みずからも。嗜虐に目覚める。

・男牢 [ネチネチシコシコ書きましょう!]
牢へ送られる志穂。亀乃が同行。
牢役人3、使役人6、飯炊女2(大年増)
囚人は大幅に増えて、男40(2間)、女15。すし詰め。
男牢へ入れるとわかって、自害防止を提案。十文字の竹筒を突っ込まれる。手鎖。
最初に牢役人。必死で股間をかばう志穂。後ろに嵌め替えられる。
ついに破瓜。膣痙攣は起きない。亀乃がそれをからかう。
牢番どもにも。ほどなくして後門も。
男牢へ放り込まれる。元姫様への遠慮。
「おまえら、まだ柴田家への忠義を残しておるのか」
牢役人に叱責されて、襲いかかる。鬱憤晴らしも交えて、群狼化。
囚人環視で用足し強制。食事は、カミカミグチャグチャ口移し。

・悦辱 [ここも長尺]
三日後。新たな下働き(厩番)。志穂の幼馴染の小林勇壮(幼名:勇吉)。
亀乃も見物に来ている。
「腰巻祝いからこっち、俺を見下しやがって。昔の約束どおり、夫婦になってやるぜ」
手鎖をはずさせて、押し車。すでに気力尽きている志穂は言いなり。勇壮、眉をくもらせる。
「このぶんでは、竹轡も要りませぬね」

・忠臣 [実際には脱兎さん]
さらに五日後。すっかり木偶人形と化して嬲られている志穂。日替わりで牢を移されて20人ずつ。
野上の来臨。亀乃とともに嘲笑う。
「もはや側室にもできますまい。されど、ひと情けくらいは掛けてやってくださいませ」
役人用の湯殿で志穂を洗ってやる亀乃。
「情けない。囚人どもに唯々諾々と弄ばれて、姫の気位なぞ、欠片も残っておらぬわえ」
「あの者どものほとんどは、野上に虐げられた民草です。どうして憎めましょう」
志穂の気力を見て取って。
「千載一遇の機会を作ってみせましょう。果断に出るかは、あなたの心ひとつです」
牢代官の屋敷。亀乃が強引に割り込んで介添え。
床の間の刀掛けに小刀(のみ)を置いて、褌一本になるも。
野上、岩戸女淫を怖れて委縮。亀乃が口唇督戦。
「この娘、ちっとも濡れておりません。前轍を踏まぬよう、まずは妾で湿してから」
「こやつ、はなからそれが狙いか」
「月の障りが終わったというに、ちっとも可愛がってくれぬではありませんか」
柴田郷を拠点化するため(本妻と子は城に残して)側妾を呼び寄せている。
野上、亀乃でたっぷり潤滑して抜去しようとする。
「あれ。今しばらくのお情けを」
手足を絡めて野上を抱きすくめる。
そっぽを向いている志穂。
「志穂殿!」
鋭い声に、意図を察する。床の間の刀掛け。
小刀を引き抜くや、首筋にずぶり。小太刀の業の冴え。亀乃の喉元で切先が止まる。
「おの……!」どしんばたん。
「あれ。女子はもちっと優しく可愛がってくださいませ」と、声を張って糊塗する亀乃。
喉を突こうとする志穂を制止。
「女児は父に、男児は母に似るといいますが、志穂殿には嘉門様の面影が。きっと、志穂殿がお生みになる男児は嘉門様そっくりでしょう」
亀乃の低く呼ばわる声で、裏庭に勇吉。平伏。
「あのおりには、とんだ御無礼を。それもこれも、姫様を援け出すための……」
「時が無い。竹川村には、柴田家に忠義を誓う者たちが隠れています。野上家の混乱に乗じて復仇を果たすは今こそ」
勇吉に伴われて脱出する志穂。厩に火を放って、他の馬は逸走。

志穂は後世に岩戸御前として名を残すが、その謂れまで伝えられることはなかった。

========================================

 まず、タイトルに苦労しました。「○×姫牢虐譚』は確定ですが。
 『人質』ではないですね。
 一度は『亡国』にしましたが、ちょっとニュアンスが違う。有名な映画とタイトルがかぶるというのは、気にしませんが。亡国は、国を失いっぱなしで、再興の気概がありません。いや、それは『亡命』ですか。とにかく、筆者的にボツリヌス。
 つぎに『虜囚』を検討。ありふれていて、気に食いませんね。
 ほぼ『敗残』に決めかけましたが。これは……戦って敗れたというニュアンスです。筆者的には、そうなのです。
 で。類義語辞典とか漁って、あまり見かけない『繋囚』にしました。『虜囚』と同義ですが、斬新です。「虜(とりこ)」になっているより、「繋」がれているほうが、被虐的です。
 というわけで、『繋囚姫牢虐譚』に決定です。


 今回の新規アイデアは、2点。
 玉抜きした男の子。竿を包み込んで袋を縫合します。永久タックです。唐人の医師というのが味付けで、「宦官の一部にはこのような」とかなんとか。大豆発酵食品(イソフラボン)とか柘榴(エストロゲン)とかをたくさん食べさせて女体化させて……『玉抜嗣弄虐譚』を書くかもですね。だから、わざわざ未精通にしときます。タックのまま射精は出来ないという記事を見かけますが、溜まりに溜まれば、出るんじゃないですかね。いずれにしても、悶々と悶えるシーンを描けます。
 それと、十字形状の竹轡。竹の筒を縦に突っ込むだけでは、ストッパーがないので、喉の奥を突くかもしれません。


十文字竹轡 
 こんなふうにしておけば、安全です。「絵」としても、サマになります。
 しかし、まったく。筆者はヘソ曲がりというか。メジャーに与したくないのです。マイナーこそ、選ばれたる者の恍惚です。だから、某コミックで竹轡が有名になって、複雑な気分です。もっとも。横咥えでは、飲食のたびに外さなければなりません。縦に突っ込んでおけば、半永久的に装着させられます。しかも、筒に「なにを」流し込まれても拒めません。リョナです、スカです。


 さて。100枚を目途にするつもりでしたが、200枚くらいになるかもしれません。
 とにもかくにもひしゃにも。着手しましょう。


関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

濠門長恭

Author:濠門長恭
S70%+M80%=150%
高々度の変態非行が可能です!

鬼畜と変態と物好きと暇人の合計 (2018.01.01~)
検索フォーム
コメント投稿の仕方
複数記事を表示したデフォルトの状態ではコメントを投稿できません。 投稿したい記事のタイトルをクリックして個別表示させると最下段に投稿欄が表示されます。
濠門長恭作品販売サイト
リンク L I N K りんく
ブロとも一覧
カテゴリ
最新記事
最新コメント
濠門長恭への連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR