Progress Report 0:復讐の雷跡果てるとき

さあて。今回は最後まできっちりPLOT(特に責めシーン)を固めて。
いよいよ、書き始めましょう。200枚はいくかな。責めシーンの密度次第です。

タイトルには苦慮しています現在進行形です。やはり、内容がズバリ分かるタイトルがいいです。これまでのヒロイン戦記は
1.突撃! 戦車娘
2.ウルフパック(群狼)
3.成層圏の飛燕~海女翔けるとき
4.陸軍女子三等兵強制全裸突撃
5.W.A.S.P. Woman Abused Sex Prisoner
6.火竜(ザラマンダー)と翔けたアクメの空

1.3.4.は無条件にわかります。2.5.6.も、ミリヲタなら一目燎原の火。6.は「翔けた空」があるから、パンピだって空戦記録だと分かるでしょう。

しかし、今回は……
魚雷艇です。難しいです。魚雷に注目して「雷跡」とか「雷撃」とかを挿れたいんですね。
そして、悪名高いMk14魚雷は……潜水艦の艦長が日誌に
Hit! No effect!
Hit! No effect!
Hit! No effect!
と、書き殴った逸話があります。Hit(命中)! No effect(効果無し=不発)!
しかし、「Hit! No effect!」をタイトルにしても、分かる人だって分からんでしょう。
実は、「雷跡」を使おうと思ったとき、真っ先に浮かんだのは『消滅の雷跡』です。畏れ多い鶴亀鶴亀。何が畏れ多いかは、分かるやつだけついて来い、です。
ということで。『復讐の雷跡果てるとき』は仮題です。

さて、PLOTをば。


========================================
アンナ・オークリッジ
 アメリカンスクール10年生/音波測深助手
 母は離婚。
ピーター・オークリッジ
 海軍軍属:測量技師 最新鋭の音波測深
マックス・ブキャナン
 艇長/大尉
エリック・エドワース(EE)
 最年少。二等兵。甲板員/水雷見習
ジェフ・ゴードン
 機関士/軍曹
セシリア(セス)ブラム アンナより二つ歳上。
 牧師の娘。母とは死別
アマルベルガ(アマル) セスと同い年
ビビアナ(ビビアン) アンナのひとつ下

及川久三
 連隊長/大佐
小寺 勇
 従兵/上等兵
丸山正介
 野戦憲兵分隊長/中尉/英語
大野勇次郎
 歩兵大隊長(800人)/中佐
林 正一
 工兵中隊長(200人)/大尉
田中義勝
 野砲中隊長(150人)/大尉
山辺勘治
 高射砲中隊(150人)/大尉
烹炊、鍛冶その他軍属 50人

現地の要請で、増援部隊輸送を神州丸に変更。
パラソル型の九一式戦闘機搭載、カタパルト。

合計1500人÷(3人×20人)=25日
生理休暇を考えると月イチ。
8人になってからはノルマ15人で2週間に1回。



※ベニヤ板の悲劇

1942年3月12日、マッカーサー脱出。2月16日バンカ島事件。2月3日にマニラ占領後の虐殺。
フィリピンから撤退後、魚雷艇部隊の一部はパブアニューギニアの補給地を拠点に。
かつては近海航路の中継地。白人系30人ほどが定住。原住民数百人。
機雷敷設のための測量など。
カタリナの偵察で侵攻を察知。
オーストラリアへ向けて総撤退。1コ戦隊4隻のうち3隻。1隻はエンジン不調で放棄。敵に感づかれるから、燃やさない。
整備員2コ分隊20人。民間人も。教会の父娘は残留。


[Openning]
アンナは船酔いするのでブリッジ。空ばかり見ていて発見。
戦爆連合の急襲。補給地が空なのに気づいて魚雷艇を襲撃。艦爆の一部は補給地も。
ブローニング50も無力。魚雷を換装(Mk8→Mk14)して巡洋艦くらいなら一発で沈められるのに、ちっぽけな飛行機に手も足も出ない。
2隻は轟沈。魚雷爆発とガソリン誘爆。
アンナの乗艇は20ミリでベニヤの艇体破壊。甲板の民間人は全滅。
生存者はアンナ、EE(他艇)、ブキャナン、ゴードン。整備兵2名。
負傷して漂流も5名ほど。溺死など。駆逐艦内で死亡も。漂流しているところを駆逐艦に。
上部構造物:15m=15Km 煙は30Km? 太く濃いのが3本。細く薄いのが2本。
船団は10Kntで、3時間で島に。
駆逐艦は増速して30Knt、30分~1時間で現場。
駆逐艦は親切。菜っ葉服貸与。暖かい飲み物。錨鎖庫に監禁。服が乾いて着替える。
兵員上陸後(翌日)に、大発で島へ。陸軍に引き渡される。
司令部は魚雷艇基地の建物利用。


※全裸尋問と凌辱

[1日目]
アンナだけ別室で取り調べ。後ろ手錠で連行。
連隊長直々。通訳の憲兵中尉、上等兵。
父の海底測量の手伝い。自分は民間人。
海図作りは軍事行為。私服ならスパイ行為だ。死刑だ。スパイ行為を否定する誘導尋問。
椅子から立たせて、首に縄。
服を引きちぎる。
こんな連中は猿と同じだ。虚勢。
羞恥責めは通用しない。
黄色い猿に嬲られて屈辱。アンナ、相手を睨み付ける。
「Kuunyann towa erai chigai.」
乳房、股間。
気丈に耐えていると、不意打ち腹パン。
竹刀で小手調べ。
あまり傷つけてもまずい。
途中で警報。まだ退避壕はできていない。偵察だけで引き返す。
一旦放置。片足吊り。床に着いてる。
報告に来る兵隊に目の保養。時々股間を嬲る。
夕刻。宿舎で見つけていた(実は自分の)服を与えられる。下着無し。手錠で縄跡隠し。
元々の営倉に監禁されている生存者たちに引き合わされる。
営倉は整備棟の倉庫の一角。
「余計なことは言うな。捕虜が反抗すれば射殺しても文句は言えない」
恥辱を訴えても激高させるだけ。黙っている。
アンナを前にして、魚雷艇の修理を再度命じる。
「私服で軍事行動をしていた。スパイとして処刑できるぞ」
ブキャナン折れる。アンナ「私のせいだ」
連れ戻されて。即全裸。机にあお向け磔。
歩兵大隊長と工兵中隊長、高射砲中隊長。
「Juuyouna sakusenkaigi. Daremo ireruna」
連隊長が一番槍。
心が折れているから抵抗弱い。
大隊長は脚をほどいて二つ折りアナル。高射砲がのけぞりイラマ(噛んだら歯をへし折る)中に工兵が2番マンコ。
座り込み後ろ手一本吊りで朝まで放置。上体を起こせないので立てない。
あれこれ考える。その気になれば、すぐにも処刑できるはず。噂に聞く南京。なぜ自白を強いるのか。魚雷艇修理まで生かしておく?
漏らす。


※終わらない拷問

[2日目]
お漏らしは従兵を呼んで始末させる。
目覚ましの拷問。ベルトで打ち据える。マンコしごき。
自白しなくても処刑、自白してもすぐには殺されない。スパイ行為を認める。言われるままに自筆。
本格緊縛座禅転がさずで放置。アルミ椀に盛られた味噌汁ぶっかけ飯。台に載せて目の前。
喉の渇き。惨めな姿で啜って、塩辛い。水を求めても、通じないのかわざと無視なのか。
午後から、憲兵中尉を交えて取り調べ。
水を訴える。無視される。
上申書の詳細、矛盾。嘘の自白だからボロボロ。戸惑う。
後ろ手のまま逆さV字吊り。すでに肌は鞭痕だらけ。
「水を飲みたいんだったな」
中尉の口ぶりから、読者には嗜虐への目覚めが分かる。
バケツ水責め。マンコに灼熱。悲鳴の泡。水を吸い込む。引き上げられて、大佐が煙草。咳き込んで水を吐いているところにマンコ焼き。
「Kokomade sarete zihi wo kowantowa. Itaburi-gai ga aru.」
失神するまで責められる。そのまま、司令部裏手の大きな木箱に。

[3日目]
気力尽きている。
箱に蓋をされているので立てない。トイレはバケツ。全裸、後ろ手錠。
すぐ近くで退避壕の構築。すでに穴はできている。
味噌汁ぶっかけ飯と水。見張だけでなく工兵にも見られながら犬食い。
PBY2。爆撃するが外れる。
夕方から尋問。
木箱に戻されて、見張り厳重なのに気づく。


※強制徴募慰安婦

全裸で引き出されたとき、4人の兵(ひとりはインテリ一等兵)に囲まれて私服で歩いている3人のシスター。
シスターが制止を振り切って近寄る。
ここで娼婦として働きます。教会に逃げ込んだ現地娘十数人を庇っての決断。
監視兵の注進で憲兵中尉。
シスターの抗議。彼女を拷問するなら、私も同じように。無視される。
「おまえも一緒に働くなら、待遇を良くしてやる」
拒絶。シスターたちは、すこし離れた兵舎へ連れて行かれる。
何を話していたと、尋問の趣旨が変わる。
シスターを巻き込まないように注意。
「Asu ga aru.Kizu wa tsukeruna.」
針山。マッチで炙る。
GANG-BANG無し。
夕方。兵舎へ連隊長、大隊長など6人が行くのが見える。さらに、中隊長など6人。
木箱に幽閉前に、見張たちに。合計6人。

[4日目]
PBY2が飛行場を爆撃。この時点で、戦闘機を要請。ゼロ戦の往復では常時哨戒不可能。空母の余裕も無い。だいたい、陸海は犬猿。
服を与えられて司令部。ブキャナンと面会。さすがに虐待を見抜く。
「処刑せずに生かしてある」
ブキャナン、強い抗議はしない。アンナ、裏切られた思い/自分のために利敵行為の負い目。
夕方。工事現場の林の向こうから兵士がぞろぞろ。兵舎に行列。その数を見ておぞけを震う。
GANG-BANGは、見張。交代ごとに。

[5日目]
尋問無し。木箱で無気力に寝て過ごす。
セスが訪れる。比較的自由に出歩ける。
「あのひとたちはサディストです」サドマゾの概念を初めて知る。
PBY2の爆撃。建設中の飛行場を狙う。


※新たなる犠牲者

[6日目]
上申書をネタに尋問。座禅仰向け転がしで性器責め。
即席三角木馬で長時間。乳房を棒で上下圧迫。当番兵を呼んで、乳首クリ歯ブラシ延々。苦痛アクメ。
PBY2。爆撃。
木箱の見張りが減る。
「Tasukeni konai tokorowo miruto,zantekiwa inaina.」
「Kishidou teiu yatsuka.Shikaisi,chambara demo seigino kenshiwa ohimesamawo tasukeni shichini tobikomuze.」
囮にされているとは分からないアンナ。

[7日目]
2人のシスターの勧誘で、さらに5人(25~30歳)。
尋問室。2本の丸太に「土」の字磔。腕を縛った丸太を天井から吊るす。
しばらく嬲られる。
セス(着衣)が連れてこられる。慰安婦が増えたので、セスを潰してもかまわない。
「代わりに自分を責めろ」と言っていたな。どうする?
セス、自発的に全裸。
「彼女を下ろしてあげてください」
「馬鹿なことはやめて。あなた、自分で言っていたでしょ。こいつらは、愉しみで女を責めているだけだって」
「神に与えられら試練です」
中尉が茶化す。
アンナ、処刑を懇願。
「いずれ殺してやる」
アンナは下ろされて、V字逆さ吊り。灰皿。
「やめてほしければ、そう言え。おまえは無罪放免してやる」
ベルト滅多打ち。
「こっちは使ったのか?」
十字架(携帯)と歩兵用スコップの柄(末端が休憩で直径4cm弱)
「どっちを突っ込まれたい?」
スコップを選ばざるを得ない。激痛。最後に汚物まみれのままマンコ突っ込み。
「こいつを責める代わりに、おまえは慰安婦だ」
兵舎に連れて行かれて、パイプ椅子の座面に上体を縛り付けるギロチン磔。前後同時。口はゴム無し。ゴムは兵士の性病予防。
深夜になってから木箱へ。セスもいる。後ろ手錠のまま身体を寄せ合って。
拷問がなくても大勢にGANG-BANG。どちらがマシなのか。
「猛獣に喰われるのは、自分が非力だから仕方ない。でも、自らの意思で身体を開くのはイヤ。まして、あんな猿どもに!」
「信者を守るために身体を投げ出したあなたを尊敬するけれど」
シスをかばっての台詞。

[8日]
シスは兵舎に戻される。
「Sugu Nakisakebu kuseni,naniwo saretemo kami ni inorudake.Tsumaran.」
アンナは木箱のままだが、食事改善。体力回復させてから甚振る。
従順でビッチに振る舞っているビビアンが、捕虜との伝書鳩。
兵の噂で増援が数日後。
営倉は抜け穴がある。
揚陸のどさくさに紛れて脱走する。


※強制労働集団姦

[9日]
運動をさせてやろうと飛行場へ。捕虜は整備棟だから見ていない。
全裸、足首にシャックルと鎖。前日の爆撃でできた穴を埋めさせる。
監督がたまに円匙で尻叩き。
午後から連隊長の視察。生ぬるい。
成績優秀者を各小隊から1人ずつ(900÷50=18)。乳ビンタ。
身体に心棒を挿れてやる。縄で張形。前後挿入縄褌。
刺激で初めて(はっきりと)感じてしまう。
夕食後。最優秀小隊50人。兵舎内の慰安所の一画で。3人掛かりを厳命。
(45人÷3人)×10分≒3時間。感じない、演技しない。
マンコ2本挿しも(男同士五分の契り)。アナルには昼間の縄張形。
面白がってイラマ+アナル+マンコ2本。


[10日目]
遊んでいる余裕がないので、木箱に放置。ばたついている。
見張によるGANG-BANGは恒例。


※脱走と反撃と…

[11日目]
船団到着。3隻+護衛駆逐艦2隻。
夜。GANG-BANG中に忍び寄って刺殺。
慰安婦たちは来ない。現地娘は残留希望。けっこう贅沢をさせてもらって喜んでいる。
シスターたちだけが逃げたら、残った娘も連帯責任を問われるかもしれない。
殺されないまでも、アンナのような拷問。
「神の試練です」
説得できない。
自分が行くというアンナを他が押しとどめる。整備棟へ半強制的に。

PTは3軸推進で40Knt。2軸なら35Kntまで出る。
エンジン始動ボタンを押しても3分間は換気装置の作動のみ。
日本兵は、これを故障と勘違い。
3基目のエンジンを修理するふりで時間稼ぎ。エンジン取り外し。分解。部品修理。再組付け。
艇長:マックス 補助:整備兵 機関室:ジェフ+整備兵 見張:アンナ+整備兵 
低速で脱出。大発などとすれ違う。
日の丸で偽装しているから、撃てない。交戦規定違反。
駆逐艦が哨戒している。
沖合に大型船。甲板にパラソル飛行機多数。大型カタパルト2基。
放置すれば、PBY2が墜とされる。
米国旗掲揚。20Knt。2本を航空機輸送艦。転舵して肉薄、2本を駆逐艦。
魚雷は深度固定(3m)
4本とも不発。
これも神様の思し召し……か。
駆逐艦から機銃応射。船尾(機関)破壊。見張1人は戦死。ジェフは重症。
立往生。降伏せざるを得ない。

※処刑と生き地獄

夜が明けてから、全員島へ戻される。
アンナ以外は、その場で処刑。銃剣刺突。
海岸の樹木。アンナ(のみ全裸)を大の字磔。その左右に、生き残り4人。
歩兵のみ。各分隊から1人で、80にん。5人ずつ。1人は小銃無しでフルチン。
仲間が銃剣で刺されるのを見ながらおかされる。勃起させるのが一苦労。挿入のみで『留め』は不要。
10人くらいで絶命。16完遂。
アンナは磔から解放されて連行。彼女の地獄は、これから始まるのだった。
========================================

コラ
この画像では日米が逆転しています。あくまでも構図/イメージですので。

 小説の書き始めは、最初の1行で読者を引きずり込むのがbestですが。
 いきなり、全裸磔鞭打ちとか、トースト咥え登校中鉢合わせとか、空中火災脱出とか、クライマックス倒叙とか……でなくても、いいのです。とはいえ。

 1942年3月。フィリピン最後の防衛拠点であるコレヒドール要塞の陥落を目前に控えて、マッカーサー司令官は魚雷艇でフィリピンを脱出した。8隻の魚雷艇うち区隊4隻は、これまでの補給地をオーストラリア防衛の最前線にするべく、バンダ海に浮かぶウェルタ島へと向かった。しかし、日本軍の進撃はとどまることを知らず……

 と、状況説明から始めて、それで読者を惹きつける力量……なんて、ないです。困っています。
 最後はアジの開き直りです。もともと、SM小説を書き始めたのは「読みたい作品が無いから俺が書く」でした。つまり、好きなように書きます。

追記
 まあ、架空戦記ですから。魚雷艇が1区隊4隻てのも、駆逐艦部隊からの連想にしか過ぎませんし。
 だから、日本軍の増援部隊に二式水上戦闘機があっても、かまわんのですが。史実では、二式水戦の量産開始は1942年7月だったはずですし。ゼロ戦と同じで、量産試作を実戦投入てのも、アリかもしれませんが。
 やはり、陸軍としては仇敵海軍の力を借りたくないでしょうし。ということで、信州丸と91式戦闘機にしました。こんな局地戦に虎の子を投入するかというと、これまた苦しいところですが。
 

関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

濠門長恭

Author:濠門長恭
S70%+M80%=150%
高々度の変態非行が可能です!

鬼畜と変態と物好きと暇人の合計 (2018.01.01~)
検索フォーム
コメント投稿の仕方
複数記事を表示したデフォルトの状態ではコメントを投稿できません。 投稿したい記事のタイトルをクリックして個別表示させると最下段に投稿欄が表示されます。
濠門長恭作品販売サイト
リンク L I N K りんく
ブロとも一覧
カテゴリ
最新記事
最新コメント
濠門長恭への連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR