PLOT公開:07 女囚もの(現代・外国)

女囚凌辱


 『魔女狩りのプロローグ』は二転三転七転び八起き七転八倒抜刀居合術。
 この3連休で脱稿予定ですが、150枚くらいになりそうです。
 月刊濠門長恭としては、尺不足(これは、正しいニチホン語だと思いますよ)ですが。KINDLE70%にならない150円とかで上梓(アップロード)しようかと考えています。
 今回公開するPLOTというかメモも、蟻が来たりて芋虫去ったネタです。
 ので、ローテの谷間に投入します。


仮題)蜜愉は徴液三か月
分類:現代/潜入捜査?

人物:新米の諜報機関所属部員(多田出明日子=たたいて あそこ?) あとは有象無象

梗概
 アジアの某国へ若い女性ばかりのパックツアーに参加した明日子。帰国の日、バスに積み込むために集められた自分のスーツケースに、鍵をこじ開けられた形跡があることに気づいた。
「掛かった……!」
 明日子はそ知らぬふりで空港へ向かい、予想通りに荷物検査で引っ掛かる。スーツケースの中に麻薬が隠されていた。明日子はその場で逮捕される。
 ろくな取調べもないままに裁判。判決は死刑。上告審は三か月後。その期間、自発的に奉仕活動をすれば国外追放だけで済ませる。特別刑務所へ送られる。若い女性ばかり。いろんな人種だが、自国民と超大国の国民はいない。
 以前から諜報機関で囁かれていた、怪しいパックツアーの噂。明日子は調査を進言したが無視された。実態をつかもうと、休暇を取ってパックツアーに参加した。
 明日子に課せられる政府高官や財界要人へのアブノーマルな性奉仕。アナル、SM、スカ、囚人同士のキャットファイト。
 明日子の態度に不自然なものを感じた刑務所長の尋問。パックツアーへ参加した理由、何か知っていたのではないか。
「面倒な調べはやめましょう」「殺せば済むことだ」尋問者たちの会話。言葉がわからないふりをして、無反応の明日子。
すみません、アリスティア・マクリーンからのパクリです。
 自白剤を射たれるが、答えは変わらない。しかし、同じ質問に何度も一字一句違わない答えをするので、催眠術による防御を見破られてしまう。
 明日子を精神的に追い詰めるための過酷な拷問が始まる。
 鞭打ち、乳首とクリトリスへの十文字針、さらにワニ口クリップで電気責め。ズタボロのまま三角木馬で翌朝まで放置。
 必死で自我を保とうとする明日子。身分が知られれば消されるのは確実。なぜ、独断で潜入調査なんて考えたんだろう。上司の反応を思い返せば、ある程度までは真実を知っていたのではないか。身体を張って情報を持ち帰っても握り潰されるだけ。それなのに、なぜ? 正義感? 好奇心?
 強心剤と媚薬を射たれながら、朝から晩までの快楽拷問。乳房低周波マッサージ、乳首クリ微弱電気責め、ピストン・マシン、アナルバイブ、尿道責め。絶頂で休ませてもらえず、さらにその上へイカされる。
 拷問二日目の夜は視覚と聴覚を奪われ、拘束衣を着せられて濃い塩水に漬けられる。無音の闇の中で全身の傷に突き刺さる塩水の激痛。常人なら発狂するレベル。
 解放された明日子は、自白剤を射たれるまでもなく白状するが、自白剤で裏を取られる。
 数日の治療と休養後、何事もなかったかのように性奉仕の再開を命じられる。が、内容は以前に比べてずっとハード。素質を見込まれたのかもしれない。
 ある日、上司が面会に訪れる(裏の外交ルートによる手配)。
 覚悟を決めている明日子は、すべてをぶちまけようとする。しかし、言葉が出ない。強力な催眠ブロック。待遇は良い、看守は親切にしてくれる。意思とは正反対の言葉が口から出る。上司はニヤリとして帰る。(何もかも承知なんだ!)絶望と徒労感。一方、希望も出てくる。催眠ブロックまで施したということは、彼らには明日子を消去する意思がない?
 明日子は積極的に性奉仕に励む。
 そうして三か月後。上告審の前日。明日子は所長に呼び出される。
 判決は国外追放に決まっている。だが、病気で治療が必要な場合は裁判を半年先に延ばせる。どうするね?
 明日子はためらうことなく答えていた。
「わたし、色情狂で露出狂で真性マゾです。治療をしてください」


◇   ◇   ◇   ◇   ◇

 章立てをすれば、そのまま1本仕上げられます。
 責めの内容を増やしたり、他の女囚とのレズとか入れれば、長編にもなります。
 知らないうちに麻薬の運び屋に仕立てられて、それを実は知っててわざと捕まって――というネタは、『SMツアー:貴女の妄想叶えます』というオムニバスで使います。たぶん第1話になります。ので、このPLOTは……書くネタが枯れ果てたときに引っ張り出すかもしれませんが、あと3年はお蔵入りです。
 40本も書くと妄想が尽きるかというと――それは、ないです。ただ、妄想が作品に昇華すると、以後はそのネタをG線上に乗せないというだけです。
 新しい妄想も湧いてきますし、ちょっとしたことがヒントでストーリイまで出来ることもあります。
 世に妄想の種は尽きまじ、です。
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

濠門長恭

Author:濠門長恭
S70%+M80%=150%
高々度の変態非行が可能です!

鬼畜と変態と物好きと暇人の合計 (2018.01.01~)
検索フォーム
コメント投稿の仕方
複数記事を表示したデフォルトの状態ではコメントを投稿できません。 投稿したい記事のタイトルをクリックして個別表示させると最下段に投稿欄が表示されます。
濠門長恭作品販売サイト
リンク L I N K りんく
ブロとも一覧
カテゴリ
最新記事
最新コメント
濠門長恭への連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR