創作メモ:玩具時々奴隷

白昼堂々  白昼堂々公衆の面前でイチャラブ。
 R18レベルの現場には、これまで4回ぐらいしか遭遇していませんね。
 最初のは、17歳の少年が14歳の少女との初デート。少女が気合を入れてミニスカで。ボートに乗って、上の画像みたいな次第に相成って。その後、ベンチでファーストキスから当時でいうところのBまで。後で愛の往復書簡に赤裸々に書いて、向こうの親にバレて。まあ、青春の佳き思い出ではありました。

 二回目は、ぐっと時代が下がって。郊外のデパートというよりはスーパーマーケット豪華版みたいなとこのエントランスのベンチで。ふたりのU15少女が下の画像状態で。
 三回目は詳細を忘れましたが、二回目とほぼ同じシチュエーション。


 そして、四回目は現在進行形。
 ある路線のある時刻に、U18青年が電車の中で壁にもたれて立っていて。ある駅で制服少女が乗って来るなり抱き着いて。下の動画状態です。
 ただ抱き合うなんて可愛いもんじゃなくて。青年は少女の尻を撫でたり、腋の下(厳密には、もうすこし下の脇腹の上あたり:参考になります)を愛撫したり。はなはだしきは、尻の割れ目に手を這わして、さすがにこれは少女と無言の攻防を繰り広げたり。
 同じ時刻の同じ車両の同じ位置での待ち合わせですから、当方は始発駅から乗るので、真向いの座席に陣取って。目の保養です。ン十年の昔をほろ苦く思い出したり。嗚呼、何故にもっと積極的にならなかったんだろうとヘソ噛んでみたり。

ケツ揉み

 で、まあ。眺めてるうちにインスピレったのです。なんか軍艦みたい。それはイントレピッド。
 青年は、とんでもプレイボーイで。いろんな都合で青年実業家にしますが。彼には恋人もセフレも性奴隷もいるのです。
 で、初心なヒロインが告白して。
「今のところ、伴侶も恋人もセフレも性奴隷も間に合ってるんだよなあ。まあ、玩具にならしてやってもいいけど」
 というわけで『玩具時々奴隷』の境遇を悦んで受け容れるという。
 朝の電車で待ち受けている彼に積極的に抱き着いて。何をされても無抵抗。
 そのうち。彼ではなく、彼がプロデュースした見知らぬ他人に、抱きついてアレコレされるのを承諾させられて。


 まあ、Zero Sum Short Storiesの1本ですかね。
 シーンは、いくらでも増やせますね。ノーパンミニスカで公園デートで空中自転車とか。見知らぬ数人との集団デート/凌辱で、ちゃんと務めを果たしたご褒美に、彼とデートでいっそう羞ずかしいことをされるとか。
 ある意味鬼畜で、ある意味ほのぼの純愛。


 オチについても腹案はありますが、それはまたいずれかのときに。



追伸
 今日は、青年がジュースの紙パック(プラスチックの蓋があるやつ)を持っていて。どうするんだろうと見ていると。少女のブラウスのボタンを二つ外して、谷間の上に置きましたね。パイパイ・カップホルダー。おいしい小ネタをいただきました。
関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

濠門長恭

Author:濠門長恭
S70%+M80%=150%
高々度の変態非行が可能です!

鬼畜と変態と物好きと暇人の合計 (2018.01.01~)
検索フォーム
コメント投稿の仕方
複数記事を表示したデフォルトの状態ではコメントを投稿できません。 投稿したい記事のタイトルをクリックして個別表示させると最下段に投稿欄が表示されます。
濠門長恭作品販売サイト
リンク L I N K りんく
ブロとも一覧
カテゴリ
最新記事
最新コメント
濠門長恭への連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR