Response to a new Request :3

 さて。PLOTも固まりました。ていうか。執筆開始してます。
 書きながらPLOTには随時手を入れていくのが、最近のやり方です。
 ともあれ。「おおむね」初期のPLOTです。タイトルは仮題。


========================================
魔羅神様の男神子おとこみこ

実の姉:一宮真苑(15)異父B
巫女候補/観念ハードマゾ
巫女になるには、弟のケガレを祓う必要。
(実の弟と交合えば、無条件に生涯祓除)

祖母:一宮民江 祖父は死去

現在の巫女:二宮里美(35)
巫女は処女。ただし、魔羅神様の寵愛=レズ/ディルドはむしろ必須。

男衆総代:島田高志(御宮家)

高貴な女系村落/女450人+男30人。労働は主として女。ただし、所有山林の権益で農業は食い扶持分くらい。
一宮(1家)、二宮(3家)、三宮(15家)、世宮(20家)、御宮(10家)、陸宮(20家)、波宮(30家)
男は外部調達、一夫多妻(その宮家内)
明治中期まで、男児は間引き。または、出産前から養子先を決めておく。
近世は、村の中で全裸奴隷の例も。鉄環でくびって成長阻害。神子(みこ)ならぬ忌子(いみこ)。早死に。
鉄環は半割り、重たい。責めネジ4本。竿玉まとめて。その下に玉のみ。カリクビはEリング。分厚い。エッジは丸み。
1970年以後は出産前判定で中絶。
希に(母のエゴ)出産の場合、中1(数えで14歳)の一年間を御祓期間。直近は30年前。御祓の後に追放。
一宮家の者だから、形式的に10日だけ。



主人公:荘田清美(きよみ/きよし)13歳(7月22日)A/夏休みと同時
 女児として出生届け。就寝時以外は常時タックで睾丸発育不良。5歳で隠しきれなくなって、長女を祖父母に託して夫婦で出奔。戸籍はそのまま。日中は常時タックで、どこまでも女児として。
 未発毛未精通。
 小6の冬に村から使者。少年に祓除をさせる。「十日間だけ」。実際には難癖付けて夏休み中……の、はずが。
 夏休みに祖母から招待される形で。

父:研人A 母:初美O


夕明(ゆうあけ)村:人口400/10~18歳=50人

1:男女判別
昔なら、今度の正月で成人(数えで15)。
※ここを弄ればRいける?
それまでに必要な儀式と言われて、生まれ故郷を訪問。神事は十日間と聞かされてる。
母のアドバイスで女装(普段通り)。
終着バス停(朝晩1本ずつ)に少女(ひとりだけ)の出迎え。
このバスで帰れ。キヨシくん歓迎されてないよ。
なぜ、その名前を? 戸籍も通名もキヨミ。
少女の描写、平行して自分の容姿。
徒歩1時間半。村人なら1時間弱。
祖母の家。
和服の老婦人が祖母。巫女姿の20~40が3人。年輩が冠で、親玉。
30~40の男性が7人。一宮から波宮までの代表。服装まちまち。
マソノは廊下で別れる。11人の前で。
「ほんとに男か?」
脱げと言われて脱ぐ。母に言い含められている。
タックの説明。剥がして、ポロリ。
「歳の割に小さいな」背丈のことではない。
とにかく男なら、禊事をせねば。
精通の有無を尋ねられる。戸惑いながら「まだです」
「本当に?」一番若い巫女(エミ)がしごく。清美は抵抗して羽交い絞め。空砲。
本式の祓除は、精通してから十日じゃ。


2:男根封印
奉納行事を先に。男根封印の鉄輪装着。包茎矯正リング込み。周囲からイモネジ。取れない。
全裸のまま、外へ。抵抗して、後ろ手緊縛。鉄環に縄で引き回し。
神社へ。魔羅神様と無数の脇侍。
神事の説明。魔羅神様に認めていただくまで、人間ではない。
全裸労働、各種修行。最後は、脇侍に「女」にしていただいて、罪業の元を吐き出す。意味はそのうち分かる。
まずは、村を知れ。子供たち(女の子ばかり)に引き回される。冷飯足半。木の枝で追い鞭。
神社前で奉納。空中大の字。木の枝を前に、高所金玉感覚。勃起でなく萎縮。
重石付けて水垢離。
過激になると、真苑がブレーキ役。
近在の大きな村から、駐在の巡邏(原付)。
「これが、噂に聞く男禊か。頑張れよ」
わざと藪の中とか。身体じゅう傷だらけ。虫刺され。
注連縄の結界。この先は巫女修行の女の子だけ。あそこに小屋があるじゃろ。くふふ……
実は、娘の娘による娘のための娘宿。逃げ込む伏線。
村に戻って。女の子たちが軽く叱られる。傷の手当。キンカン。ついでに亀竿玉にも。
四つん這いに縛り直されて、樹につながれる。立って歩くのは人間だけじゃ。トイレは砂箱。
夕食。犬食い。とろろに擂卸ニンニクに卵黄。アサリたっぷりの汁。オクラ三杯酢。玄米飯少々。
夜になると虫除けスプレー。松の青葉を燻す蚊遣り火。
とんでもないことになった。十日じゃ返してもらえそうにない。せめて、夏休みが終わるまでに。
真苑。「だから、帰れと言ったのに」
玉揉み。刺激すれば性長促進効果があるかも。勃起すると、鉄環のイモネジが食い込む。雁首も締め付けられる。
気を散らせるために、村の仕来りの説明。
「我慢して」
空砲。さらに揉み続ける。


3:神前奉納
二日目。朝。今日の世話係。「五宮の者じゃ」昨日の7人には居なかった。
神様の御前に出るのじゃから。大便強要。イチヂク浣腸。我慢すれば川へ連れて行ってやる。
後ろ手緊縛に変更。まともな人間は縛られたりしない。わざと遠回り。
川に腰まで浸かって。束子で綺麗に。先を丸めた細い棒束子で中まで。
激痛を訴えても「修業は、こんなもんじゃないぞ」
ついでに水垢離。
首縄からの前手縛り。60cmじゆう。
米を倉庫から神前まで運ぶ。30kg紙袋を容れた段ボール箱。395x580x220。背負子(肩掛部はU字)で。
歩いていいんだ――皮肉。四つん這いで背中に乗せてやってもいいんだぞ。ごめんなさい。皮肉の罰に歩幅制限50cm。
いちいち、背負子に載せて縛って、背負って立ち上がる。200mの往復。
45箱(山積み)を今日中に。
荷積み30秒+往路200秒+荷卸し30秒+復路150秒=7分。45箱=5Hr
ひとり黙々。女の子の見物とか。水と塩は好きなだけ。
昼に様子を見に来て。夜中までかかるぞ。鞭追い。足の縄を踏んづけて転ばせる。擦り傷。お供えを落とした罰も。
ますます遅れる。
真苑がかばう。中休み。
「まあ、お嬢さんがそう言うんなら」
「身内だからって甘やかすのは良くない」男衆は村の外から迎えられてるから――と、軽く考えてしまう。マソノもミスリードするような返事。
昼の休憩はマソノがおにぎり。これも甘やかしてるのかな。
実際には15分×45箱+中休み45分×2=13時間。
食欲なくても夕食は強制。つらい。

三日目。同じ手順で倉庫へ戻す。ここを1行で済ますか描写するかで尺が……

4:村内修験
四日目。21箱奉納。午後早くに終わる。
引き回し。家を回って、托鉢。少女たちの余録。乳首クリップから吊るした横長の箱に、小銭とか菓子とか。どんどん重くなる。高所金玉感覚。萎縮。
合間にチンチン玩弄。イモネジ目一杯なので痛いのに、さらに勃起。苦痛と快感の融合。
托鉢とハロウィンと獅子舞がごっちゃ。

5:男精修行
五日目。収納。
午後からエロ修行。初日のメンバー。
エミのフェラチオ。凄絶快感。精液披露した後ゴックン。一番搾り。
代表七人によるアナル姦。
賢者タイムにイラマ。
一本目から、弄られて勃つ。お掃除フェラ。神事には関係なく嗜虐。三人目で、前立腺刺激だけで勃起。
屈辱と恥辱と肉体的快感の融合。
ケツ穴で感じてやがる。男巫女になれるんじゃないか。祖母が一喝。おまえは、巫女の意味でミコと言うたが。巫女(ふじょ)と神子(みこ)の違い。

6:恥獄巡行
六日目~十四日目。精通の翌日から九日間。
羞恥と屈辱は変わらないのに、修行を心待ち。水垢離さえも。高所金玉感覚で勃起。胸キュン。
毎晩、GANGBANGで、九日目にトコロテン。以後は射精禁止で、2穴同時も体験。


7:祓除失敗
新たな脇侍。それぞれが、一人の巫女に対応。男だから、巫女レベルでようやく神子。次の巫女はマソノに決まっておる。そのためにも、キヨシを。
ずいぶん太い。
ソフトなドライへ。勃起していない。多幸感。賢者タイム無し。
ドライではないかと、男。
罪業を溜め込んだまま。即ち失敗と、祖母。
罪業を叩き出してやる。空中大の字。勃起。
こいつ、マゾじゃないのか。鞭で射精。
修行やり直し。20日。

8:姉弟哀姦
いつまで経っても解放されない。縛られてなければ逃げられる。初めて、本気で手首をこねくる。縄が抜ける。
逃亡。バスの運転手に救けを求める。それまで娘小屋。バス停からは遠い。他に思い当たらない。
夜の森で迷う。明け方にようやく。
マソノが待っていた。鉄環を外してくれる(工具持参)。
強引に迫られる。ここで、マソノの正体を補完。血液型
姉弟で番えば、二人とも生涯を祓除。これまで以上の苛酷。女は大正に別の穢れで例がある。
マソノに押し倒される。本気で抗っても組み伏せられる。勃起してしまう。
ずっと虐められるなんて……甘美な想いが交じってしまう。
外に女たちの声。
戸板が打ち壊された瞬間に、ふたりとも絶頂。
========================================

 最初期のPLOTとの違いは。
 少女と少年を、最初は全姉弟(父母共に同じ)を異父姉弟に変更。これは、さして意味がありません。あえて言うなら、乱婚が根付いていることの裏打ちですか。女の子しか認めないのですから、遺伝的な問題がありませんので。まあ、気分次第あるいは必然が生じて、変更するかもです。
 もう一点は、神前奉納に名を借りた無意味な重労働。最初は全裸無縄でしたが。猿コミックで見かけた絵面が白い液共同募っ金だったので、両手(かなり)自由の拘束にしました。ついでに足も歩幅制限して。PLOTでは、無拘束の作業所要時間のままですので、書くまでには再計算しておきます。


 これまでは、本編を進行に応じて「一部公開」していましたが。初の試みとして「全部公開」します。
 ただし。1.2.3.……と章を進めていくにつれて、頭から順次削除していきます。つまり。
 1.2.3.
 2.3.4.
 3.4.5.
 こんなふうに公開範囲をずらしていきます。脱稿後には、頭と尻尾だけにするか、ハイライトシーンだけを残すか。
 Now boxing.

727c24e5.jpg
 今のところ、150~200枚を目処です。トヨタニッサン10枚と、のんびりモードで進めても8月上旬には脱稿。校訂とBF含めて下旬には納品ですかしら。
 それから、9月中にZSSSを100枚ばかり仕上げるか。別リクエストが来れば、そちらをやるか。
 まあ。WILL様への600枚で、今年前半の生産量は1800枚。後半は1か月以上にわたって17枚/日なんて無茶はしない予定ですけど。


関連記事

テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

濠門長恭

Author:濠門長恭
S70%+M80%=150%
高々度の変態非行が可能です!

鬼畜と変態と物好きと暇人の合計 (2018.01.01~)
検索フォーム
コメント投稿の仕方
複数記事を表示したデフォルトの状態ではコメントを投稿できません。 投稿したい記事のタイトルをクリックして個別表示させると最下段に投稿欄が表示されます。
濠門長恭作品販売サイト
リンク L I N K りんく
カテゴリ
最新記事
最新コメント
濠門長恭への連絡はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR